全国津々浦々あちこちにセンベロの町が存在するが、「京成立石」は別格だろう。まだ明るいうちから、酒を求めて多くの人が人気店の前に列をなし、次々と店を梯子する姿が見られる。

「宇ち多゛」は、創業75年の超がつく人気店。午前中だけの営業の日曜にいたっては、朝9時前からすでに行列ができるほどの人気ぶりだ。人気の秘密は、“呪文”とも呼ばれる「宇ち多゛」独自の注文ルールだけでなく、モツの鮮度、常連たちが醸し出す雰囲気、そして今回は発売された「うめ割り」だろう。

「宇ち多゛」で「うめ割り」を注文した客は、コップに顔を近づけコップを置いたままズズッとすするように最初のひと口を味わう。この店ならではの光景だ。グラスになみなみと注がれたのは宝焼酎で、希望に応じて梅のエキスを追加できる。

この「宇ち多゛」でしか味わえない「うめ割り」が、宝焼酎から発売となった。

パッケージは、「宇ち多゛」の暖簾をイメージした黒エンジを基調とし、店舗のイラストが描かれている。もちろん本家・宇ち多゛が監修。「もつ焼き宇ち多゛監修」のロゴマークも掲げられている。

タカラ「焼酎ハイボール」<立石 宇ち多゛のうめ割り風>は、9月15日(火)から全国のセブン&アイグループ各社の酒類取扱い店舗の一部で先行発売され、11月10日(火)からは、販売ルートを拡大して全国での発売が予定されている。

なかなか屋外で飲むのがはばかられるなか、自宅で「宇ち多゛」が味わえるのは、ファンにとってはうれしい機会だ。また、商品化の英断を下した店主にも感謝したい。

【商品概要】
名称:タカラ「焼酎ハイボール」<立石 宇ち多゛のうめ割り風>
品目:スピリッツ(発泡性)
アルコール分:7%
容量:350ml、500ml
発売地域:(1)全国のセブン&アイグループ各社の酒類取扱い店舗の一部 先行/(2)全国
発売日:(1)2020年9月15日(火)/(2)2020年11月10日(火)

あわせて読みたい