久保田 ゆずリキュール

日本酒を飲む機会が少ない若年層をターゲットとした「久保田 ゆずリキュール」に使われているゆずは、日本一のゆず出荷量を誇る物部地区や嶺北地区産の「本柚子」。この地域は、高知県の中でも唯一ゆずをそのままの姿で出荷する「玉ゆず」が自慢で、本柚子はゆず本来の香りと果汁の酸味が強いのが特徴だ。この本柚子を皮ごと優しく搾り、搾汁率を抑えることで酸味や苦味が減り、甘味を感じられるようになるという。

ベースは、「久保田 千寿 純米吟醸」。穏やかな香りとやさしい酸味が、ゆず本来の爽やかな香りとほのかな甘味をより引き立てている。また、「久保田」らしいキレも健在。果汁感と日本酒感の絶妙なバランスを楽しめるだろう。

飲み口は軽やかで、ロック・ストレートどちらも合う。ソーダや紅茶などで割ったカクテルにしたり、シャーベット状に凍らせても良い。

価格は、720ml=1,300円(希望小売価格・税別)。ゆずの爽やかな香りと甘みに包まれて、気分をリフレッシュできそうだ。

【商品概要】
商品名:久保田 ゆずリキュール
原材料:日本酒(国内製造)、ゆず果汁、糖類
アルコール分:9度
推奨温度帯:ロック、5℃
容量:720ml
価格:1,300円(希望小売価格・税抜)
公式サイト:朝日酒造

あわせて読みたい