北海道のほぼ中央に位置する上川郡東川町。2020年11月7日に、全国的にも珍しい「公設民営型」の日本酒蔵が誕生した。東川町は、雪解けの天然水と豊かな土壌を持ち、道内屈指の米どころとして知られる場所。まさに日本酒造りに適した場所である。

公募に名乗りを上げたのは、岐阜県中津川市で140年以上の歴史を誇る老舗・三千櫻酒造。岐阜県から北海道までの距離は、1550km以上。「現役の日本酒蔵が長距離を移動する」という前代未聞の挑戦が始まった。

Makuakeで予約販売を受け付けているのは、東川産の米で造る「新生・三千櫻」。JAひがしかわの有志による三千櫻のための新たな酒米「彗星」「きたしずく」を使って仕込んだ酒は、まだ誰も見たことも味わったこともない「幻の酒」。新しい酒造で「一番最初に仕込んだ」ファーストタンクをはじめ、セカンド・サードタンクとのセットや、岐阜中津川でのラスト仕込みの酒との飲み比べを楽しめるセットも用意している。

支援金額は既に450万円近く集まっており、中には完売しているプランもあるので詳しくはホームページで確認を。銘酒が生まれ変わる「世紀の瞬間」を、己の舌で味わってみては。

岐阜から北海道へ『三千櫻』143年目の挑戦 新天地【東川町初仕込み】限定酒|Makuake