アウトドアでも本格的な抹茶が楽しめ、手軽に持ち運びが可能な樹脂製茶せんセットがMakuakeに登場した。手入れがしやすく、楽しみ方が広がる新しい「野点」スタイル。セットの茶箱と片口には、越前漆器職人のこだわりの技が込められている。

抹茶とビールのカクテルや、アイスクリームの抹茶がけ。温かい抹茶で焼酎割りなど、日本人だからこそのアウトドアメニューを楽しむのにぴったりだ。

日本人だからこそ野点をアウトドアに持ち込みたい!

福井県鯖江市の漆器製造メーカー・サンユーが手がける「アウトドア至福の茶せん」プロジェクトは、Makuakeにて2021年3月24日まで応援購入を実施中。

気持ちに余裕をもって相手のために万全を尽くし、見えないところまで心を配る。そんな茶道の作法と精神に由来する「おもてなし」のひとときは、自然の中で大切な人とゆったり過ごすアウトドアにもフィットするものと考え、屋外で自然を感じ抹茶を楽しむ野点を今風にアレンジし、ほかのキャンパーとはひと味違う“遊び心あふれる和のおもてなし”グッズを製作した。

「樹脂製茶せん」「くせ直し」「片口」「茶こし缶」、それらをコンパクトに収納して持ち運びできる「茶箱」と「ショルダーバッグ」がそろった6点セットの一般販売価格は2万2000円(税込、送料込み)だが、特別価格の応援購入を実施中。限定数があるので気になる人は早めにチェックを。

アウトドア至福の茶せん6点セット

本格的な抹茶ラテを飲むなら

1 手持ちのティースプーン一杯分(2g)の抹茶を片口に入れる

2 温めた牛乳約150ccをそそぐ(片口半分ぐらい) 
※湯の場合、通常のお抹茶になる

3 樹脂製茶せんを使って抹茶を点てる

4 手持ちのマグカップに注ぐ

アウトドアシーンで食後やティータイムに本格抹茶をふるまう和テイストの演出は、ほかでは味うことができないもの。樹脂製の茶せんは、竹製のように穂先が折れる心配がなく分解して洗うことができるので、衛生的で長く使用できる。

また、樹脂は匂いうつりがしにくいため牛乳などにも使うことができるので、多彩なアレンジメニューが楽しめる。濃厚抹茶アイスやフルーツビールなど試してみたい。バニラアイスと濃厚抹茶の組み合わせはぴったり。カフェのようなハイクオリティな仕上がりで味わえる。

バニラアイスと抹茶
抹茶ビール

樹脂製の茶せんは茶道の先生と一緒に開発を手がけ、約1年かけてつくりあげた製品。従来の天然竹を使った茶せんは穂先が折れたり、カビが生えたりするなど手入れに手間がかかる。

そこで衛生的な素材として歯ブラシなどに用いられるポリプロピレン樹脂を採用した。プロのお点前(おてまえ)で試行錯誤を繰り返しながら、しなやかで腰のある樹脂製の茶せんを完成させたという。使用後に丸まった穂先は、付属のくせ直しにセットし湯をかければ元の形状に戻る。

衛生的な樹脂製茶せん

片口は鯖江市河和田地区の伝統ある越前漆器。元々は酒を注ぐための道具だが、樹脂製茶せんで茶を立てるときにアレンジ用の容器として使用可能だ。茶せんで攪拌するとき滑りにくいよう上部に凹凸加工を施し、掌にしっくりと馴染むサイズを追求した。カラーは茶せんと同様、クールでスタイリッシュなブラックとなっている。

抹茶を均一に混ぜるコツは、片口の底までしっかり茶せんをつけることがポイント。また、茶こし缶に附属する竹ヘラであらかじめ抹茶を濾すという一手間で、よりきめ細かな風味に仕上げられる。

越前漆器の片口
茶箱の蓋はお菓子をのせる器やトレイとしても活躍する

【商品概要】
商品名:アウトドア至福の茶せん6点セット
一般販売予定価格:2万2000円(税込、送料込み)
公式サイト:Makuake『自然に抱かれ、ほっとひと息つきませんか。 新「野点」を楽しむ、本格茶せんセット』