新ブランドは「山で使え、河で使え。」がコンセプト。ロープやペットボトル、枝木など、カットする素材別に利用シーンを想定した「替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1」「替刃式フィールドナイフ FK1」「替刃式フィールドノコギリ FS1」と3種のラインナップを携える。

特製のステンレス1.2mm厚刃を採用し、さまざまな用途に対応する「替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1」は、ホールドしやすく持ち運びに便利なサイズ感が魅力。水洗いができるため、土や泥で汚れることを気にせずアウトドアシーンで気軽に使用できる。

替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1

「替刃式フィールドナイフ FK1」は、一般的なカッターナイフと使用感はほぼそのままに、波形に研磨された刃でロープやペットボトルなどの滑りやすい素材でもしっかりと引っかかり、スムーズかつ安全に切断できる。

替刃式フィールドナイフ FK1

「上目」を施した本格目立ての「替刃式フィールドノコギリ FS1」は、スムーズな切れ味のノコギリ刃を採用。耐久性と靭性が備わっており、アウトドアだけでなくDIYでも活躍しそうだ。

替刃式フィールドノコギリ FS1

カラーはそれぞれオリーブドラブ、サンドベージュの2色。満を持してアウトドアへとフィールドを広げるオルファの新しい挑戦を握りしめ、その切れ味を試してみては。

OLFA WORKS