「Zuck box」は、タイマーで光の明るさを変えることで睡眠障害のストレスから解放する、人間工学に基づいて設計された安眠ライト。起床時間が近くなると、太陽の光と同じようにライトが徐々に強くなる仕組みで、目を覚ました時に光が目の中に飛び込み、無理なく自然に起きることができるという。

使い方は簡単。底面にタイマーの時刻を合わせるスイッチがあるので、起床時間をセットするだけ。起床時間を知らせる騒がしいアラームはなし。従来の目覚まし時計のように、音で家族を起こしてしまう心配もない。寝付けないときに時刻を確認してしまうと焦ってしまうため、時針やデジタル表示もなくいたってシンプルな“木箱”のようだ。

ペンライトやデスクライトなどの直接照明は、交感神経を優位にし、脳を覚醒させてしまうが、Zuck boxは照明を下方向に照らす間接照明を採用しているため、入眠がしやすくなるだけでなく、就寝中の体力やストレスからの回復も高まり、睡眠の質が向上するという。

さらにうれしいのが、スマホをワイヤレス充電できる機能。ワイヤレス充電対応の機種なら、ボックスの上に置くだけで充電が可能だ。

販売予定価格は9,980円。4月15日までクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で特別価格で予約販売を受付中。体に負担なく不眠を解消してくれる“希望の光”で快適な睡眠を手に入れてほしい。

【商品概要】
商品名:Zuck box
バリエーション:メイプル・バンブー・キャンドルナッツ
サイズ:120x120x90mm
重量:337g
素材:木
バッテリー持続時間:約14日間
バッテリー容量:2200mAh
入力:5V/2A
充電時間:約2.5時間
生産国:中国
充電ケーブル:マイクロUSB
予約販売:GREEN FUNDING