この動画はすでに100万回再生を超え、なかなか手に入らないマスクをなんとかやりくりしたい、という切実な実用面から注目を集めている。

洗い方は、水1リットルに洗剤1ミリリットルを入れた洗浄水をつくり、そこにマスクを10分つけておく。その後、なるべくフィルターを痛めないよう、やさしく押す「押し洗い」をする。これで、洗うたびにマスクの繊維などがどう変化するのか、電子顕微鏡を使って観察している。

(動画はこちら)
https://www.youtube.com/watch?v=UXp7JZo3JHs
『マスクは何回まで洗って使えるか? 電子顕微鏡で観察してみた結果・・・衝撃の事実が!【実験】』

マスクメーカー各社は、もちろんマスクを洗って再利用することは推奨していない。市岡さんも、マスクに付着したウイルスをきちんと消毒できているかどうか、それがいちばんの問題だと語っている。それをふまえた上で参考にしてみては。