大人のプラモデルは時間をかける愉しみにあふれている

ウッディジョーの精密木製城模型とは?

日本唯一の木製帆船模型メーカーでもある「ウッディジョー」が手掛ける精密木製城模型。ヒノキや神代(じんだい)タモなどの厳選した木材を、レーザー加工と職人の手作業による刃物加工で精巧にパーツ化している。一つひとつ組み上げて完成させた城郭模型は、美しい木目と実物さながらの迫力で、達成感もひとしお。

“天空の山城”の組み立てに挑戦「備中松山城」

標高430mの臥牛山(がぎゅうざん)山頂に天守を擁する備中松山城は、現存する12天守のうち、唯一の山城だ。天守の構造は複合式望楼型・2重2階。城主が変遷する間に城塞・山城として巨大化していった。現在の天守は天和3年(1683)頃までに完成したとされる。

近世三大山城のひとつで、現存12天守のなかで唯一、山城としての雄姿を残す備中松山城。戦国時代に繰り広げられた激しい争奪戦に思いを馳せながら組み上げたい。

圧巻の石垣群を見れば、この城が堅城だったことがわかる。秋から春にかけての早朝、雲海に浮かぶ幻想的な姿も注目を集めている。模型化にあたっては、備中松山城の特徴である複雑な屋根形状を忠実に再現。屋根型紙を多く使用し、唐破風屋根は作りやすい積層構造となっている。格子窓は精密レーザー加工でさらに完成度を引き立ててくれる。

石垣は神代タモのバラ材を使用。台紙の模様を参考に接着、積み上げていく。
複雑ゆえに美しい外観を有する備中松山城を忠実に再現。

【商品概要】
木製建築模型 1/150 備中松山城
■サイズ/全高160×全幅280×奥行280mm
■製作参考時間/約42時間
※画像は製作した完成品に着色した完成イメージです。着色には別途、塗料を購入する必要があります。
※ジオラマ材(木)も別売りとなります。キットには含まれません。
■価格/1万4390円(税抜)
▶︎Amazonで購入

戦闘に備えた数々の装備も再現「松本城」

外壁が黒漆塗りであることから、別名「烏城(からすじょう)」とも呼ばれる国宝松本城。戦国時代からの四百余年の風雪に耐え、信濃の美しい山河と共に人々に愛されている質実剛健の名城だ。

松本城は戦国時代に築城された、実戦重視のまさに「戦国の城」。

本キットでは鉄砲狭間(てっぽうざま)や石落としなど、戦闘に備えた数々の装備も再現。戦国時代の威風を感じながら組み上げることができる。

塗装を施せば北アルプスを背景に悠然とそびえる“烏城”の威容が眼前に現れる。

【商品概要】
木製建築模型 1/150 松本城
■サイズ/全高230×全幅400×奥行345mm
■製作参考時間/約80時間
※上段の画像も製作した完成品に一部着色(外壁のみ)した完成イメージです。着色には別途、塗料を購入する必要があります。
■価格/2万3315円(税抜)
▶︎Amazonで購入

豪華絢爛の“神殿”を再現「安土城」

織田信長の天下統一事業の象徴ともいえる安土城は、安土桃山時代の西洋文化志向を色濃く打ち出した、当時の建築技術の粋を集めた建造物。琵琶湖畔の安土山に築造され、石垣は山域の全体に分布していた。その比類なき姿を、現存する史料に基づき、木製模型で忠実に再現した。4色の塗料が付属する。

【商品概要】
木製建築模型 1/150 安土城
■サイズ/全高350×全幅390×奥行360mm
■参考製作時間/70時間
■備考/専用塗料付(ゴールド・ホワイト・レッド・グレー)
※画像は製作した完成品に着色した完成イメージです(付属の専用塗料以外の塗料も使用した完成イメージです)。
■価格/2万9160円(税抜)
▶︎Amazonで購入

製作参考時間は222時間!「姫路城」(完全改良版)

白亜の名城を自らの手で組み立てることができるキット。大天守は2重の入母屋造りの建物を基部とする望楼型で、壁面全体が白漆喰総塗籠(しろしっくいそうぬりごめ)で造られ、白鷺を連想させることから、別名「白鷺城」といわれる国宝姫路城。

1993年世界文化遺産に登録され、城郭遺構として軍事的、芸術的にも世界一の白亜の名城として知られている。本キットは、好評だった旧モデルから、組み立てやすさをさらに重視して全面的にリニューアルを施した新モデル。着色や装飾に独自の工夫を凝らす楽しみも味わえる。

塗装を施せばまさに白鷺の城に。

【商品概要】
木製建築模型 1/150 姫路城(完全改良版)
■サイズ/全高347×全幅440×奥行390mm
■製作参考時間/222時間
※画像は製作した完成品に着色した完成イメージです。着色には別途、塗料を購入する必要があります。
■価格/4万9484円(税抜)
▶︎Amazonで購入