アーミーナイフのような見た目と多種多様な素材がウリ!

「キーキャビンズ」はアーミーナイフのようにスタッキングして、複数の鍵をまとめられるキーケース。スマートな見た目で、鍵を静かに扱うことが可能となっている。

特徴的なのは素材で「カーボン」や「アルミニウム」という一般的な素材に加え、廃棄されるはずの「スノーボード」や「スキー板」、「中古レコード」、「無垢材」などから作られたユニークなラインナップ。

欧米では地球環境に配慮すること、サステナブルな商品を選ぶことがステータスになるほど社会に浸透しており、日本でもサステナブルな取り組みが増えてきた。keycabinsを選ぶことは、その取り組みに参加することにもなるのだ。

廃棄されるスノーボードや中古レコードから作られる一点モノ
スノーボードやスキー板から作られたキーケース
中古レコードから作られたキーケース

スノーボードやスキー板は分解に手間がかかりリサイクルが難しい製品。しかし、解体することでキーキャビンズの製品化だけでなく、残った部品を素材に応じてリサイクルすることが可能になる。そのようにして廃棄物に新たな運命が与えられることを「アップサイクル」と呼ぶ。

アルミニウム製、カーボン製はアップサイクルではないが、この2つの素材は環境にやさしくリサイクルしやすいため採用されているという。

機能面の特徴としては、複数の鍵をスタッキングして収納するためジャラジャラとぶつかることなく、すっきりスマートになる。1本~最大14本の鍵を収納することが可能で、オプションでUSBメモリを収納することもできる。

これを機にキーケースのアップデートはいかがだろうか?

好みの順序で鍵をスタッキングすることで、必要な鍵を取り出しやすく(アルミニウム製/7色展開)
廃棄されるはずの無垢フローリング材(新品未使用)から作られた(ビーチ、ローズウッド)
カーボン製(ブラック/6色展開)

▶︎CAMPFIRE:もう、ジャラジャラしない。鍵をスマートにまとめる、スイス製キーオーガナイザー

▼こちらもおすすめ