新型コロナウイルス感染症が収束しつつあるとはいえ、自宅で過ごす時間は依然として長いはずだ。そんなコロナ禍のお家時間を無駄に過ごしてしまっている、という方も少なくないだろう。

そこで今回は、コロナ禍のお家時間を有意義に過ごす方法を5つ紹介しよう。お家時間でやりたいことが見つからないという方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてほしい。

■動画配信サービスを利用する

定番中の定番だが、お家時間を最大限楽しむ上では動画配信サービスの利用は外せない。NetflixやHulu、Amazonプライム・ビデオのほかにも、Disney+やDAZN(ダゾーン)も高いシェアを獲得している。

特にコロナ禍でスポーツ観戦が難しい今、DAZNを利用したライブ中継はスポーツファンに大人気である。また、Disney+で展開されている新作ドラマも見逃せない。

そのほか、お家時間を有意義に過ごすための動画配信サービスが数多く提供されている。昔に大流行した映画やドラマ、最近流行りのアニメまで幅広く楽しむことができるだろう。

■料理にトコトンこだわる

お家時間が増えたことで、料理にトコトンこだわることが可能だ。外出自粛の呼びかけにより外食の機会が減っている今、これまで作れなかったレシピに挑戦してみてほしい。

例えば、手間と労力が必要なフレンチのフルコースを作ってみるなどだ。自家製スイーツにこだわってみるのも良いだろう。

また、「今まで料理をほとんどしたことがない」という方も、この機会に料理のスキル向上を目指すのもおすすめだ。今の時代、クックパッドやYouTubeで気軽にレシピを確認できるため、難なく挑戦することが可能である。まずは簡単に作れるレシピから挑戦し、徐々に難易度を上げていこう。

■VRの最新ゲームを楽しむ

SwitchやPS5などの最新ゲーム機で楽しむのも良いが、VRの最新ゲームをやってみることをおすすめする。初期費用はそれなりにかかるものの、今まで経験したことがない没入感を味わえるはずだ。

例えば、有名映画の世界に入り込めるアクションゲーム、ホラーアトラクションのような恐怖体験ができるホラーゲームなどがある。そのほか、オンラインで行うバトルロワイヤルゲームなどもあるため、自身の好みに合わせてゲームを選択しよう。

■ヨガやストレッチで運動する

コロナ禍でテレワークが実施されると、多くの方が運動不足に陥りがちとなる。そこでおすすめなのがヨガやストレッチなどの運動だ。

ヨガやストレッチは比較的簡単に始められるため、趣味の一環として取り組んでも良いだろう。また、ストレス発散や気分転換の効果にも期待でき、運動不足の解消以外にもさまざまなメリットが見込める。

なお、ヨガやストレッチは正しい方法で取り組むべきであるため、本やYouTubeで勉強しながら実行することをおすすめする。運動のメリットを効果的に得るためにも、まずは基礎から身につけていこう。

■新しいスキルの習得を目指す

お家時間が増えて空き時間が作れるのであれば、新しいスキルの習得を目指すのも良いだろう。新しいスキルを積極的に身につければ、収入アップや転職につなげることができる。

新しいスキルの習得方法としては、オンラインの英会話教室やプログラミングスクールの受講、独学で資格の勉強をしてオンラインで受講するなどがあげられる。いずれにしても、同世代との差を広げられるチャンスになるため、時間に余裕がある方はぜひトライしてみてほしい。

■まとめ

本記事では、コロナ禍でお家時間を有意義に過ごす方法を5つ解説した。お家時間を有意義に過ごすといっても、動画配信サービスやVRゲームのような趣味的なものから、運動やスキル取得などの自己研鑽的なものまでさまざまだ。

人によって好みや環境が大きく異なるため、自身に合ったお家時間の過ごし方をぜひ見つけてみてほしい。本記事がその参考になれば幸いだ。