最近、インターネット上でよく聞く言葉「メタバース」。このメタバースとは一体なんのことを言っているのだろうか?

メタバースとは、インターネット上に作られた仮想空間やそれに付随するサービスのことである。世界的に有名企業がメタバースに本格参戦しており、世間では大きな注目を集めている。

そこで今回は、メタバースが注目されている理由、メタバースによって創造される未来を解説する。これから訪れるであろうメタバースの時代に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

■メタバースとは?

メタバースとは、インターネット上に作られた仮想空間やそれに付随するサービスのことである。名前の由来は「メタ(高次・超)」と「ユニバース(宇宙)」の組み合わせからきている。

メタバースの起源は、SF作家の「ニール・スティーヴンスン」氏が1992年に発表したサイバーパンク小説「スノウ・クラッシュ」に登場する架空の仮想空間サービスである。

その後、テクノロジーが進歩したことにより、さまざまな仮想空間サービスが開発され、メタバースという名称が世間に広まった。

現代のメタバースを用いることで、自身がSFなどの仮想空間に入り込んで体験することができる。また、メタバースはゲームだけでなく、仮想空間内での仕事や映像視聴などもそれに該当する。

■メタバースはなぜ注目されているのか

メタバースが世間から注目されている理由はいくつか考えられる。まず主な要因として、新型コロナウイルス感染症によるコミュニケーション機会の減少があげられる。

世界中で猛威を奮った新型コロナウイルス感染症は、仕事・プライベートの両方で人と人が接する機会そのものを奪った。仕事ではリモートワークやビデオ会議が普及し、プライベートでは不要不急の外出を控える働きが行われた。

そんな状況の中、メタバースを利用することにより、対面でなくても十分なコミュニケーションを取ることができる。現実で行うには難しいイベントも多々開催されており、メタバースは多くのユーザーを魅了した。

また、旧Facebook社がメタバースに本格参戦したことも大きなニュースとなり、メタバースが世間から注目される要因となった。旧Facebook社は社名を「Meta」に変更しており、新たなサービス・商品を開発している。

また、旧Facebook社だけでなく、Microsoftも11月2日にメタバースの入り口として「Mesh for Teams」というサービスの提供を発表した。

このように、多くの有名企業がメタバースの展開を発表したことも、世間からメタバースが注目される1つの理由となっている。

■メタバースによって創造される未来

いま世間ではメタバースによる仮想現実が注目を浴びているが、これはまだ序章に過ぎないと予想されている。有名企業における数々のテクノロジー開発は、今後訪れるであろうメタバース時代の準備段階であり、まだまだメタバースの全盛期とはいえない。

また、メタバースの技術はこれからさらに進歩し、我々の生活そのものが少しずつ変化していくだろう。もしかしたら現実世界と仮想空間を分断するのではなく、両方を統合した日常生活を送ることになるかもしれない。

実際にメタバースの一部では、音楽のライブイベントやジェット機のパイロット体験などのアプリ・ツールも存在している。それらメタバースには、我々が想像する以上に果てしない可能性が秘められているのかもしれない。

■まとめ

本記事では、メタバースが注目されている理由、メタバースによって創造される未来を解説した。

メタバースは「メタ(高次・超)」と「ユニバース(宇宙)」を組み合わせた造語であり、最新テクノロジーを用いた新たなサービスが次々と開発されている。

現在のメタバースはまだまだ序章であり、これからさらに普及していくことが予想される。これから訪れるであろうメタバース時代に対応するためにも、ぜひ本記事を参考にしてメタバースを根本から理解しておこう。