SANTA&COLE(サンタ&コール)ブランドストーリー

SANTA&COLE(サンタ&コール)は1985年にスペイン・バルセロナで誕生した照明・家具を製造するデザインメーカー。実業家、工業デザイナーのGabriel Ordeig Cole, Nina Maso, Javier Nieto Santaの3名によって設立された。温かみのあるライティング、シンプルながら美しく存在感のあるデザイン、時代を超えたクオリティが評価され、有名ホテルやレストラン、公的機関など世界70カ国で SANTA&COLEの照明が採用されている。

TATU=アルマジロ、デザイナーの遊び心

ユニークなデザインと機能をもつTATU(タトゥ)デスクランプはプラスティックの無機的なサーフェスを持ちながら、どこか愛嬌のある佇まいで男の秘密基地を照らしてくれる。

無機的なのに愛嬌のあるフォルム、SFに出てくるロボットのような…

Tatuはスペイン語でアルマジロを意味する。デザイナーの アンドレ・リカルド が、大西洋を渡るフライト中に着想したアイデアを基にデザインされた。リカルドはアルゼンチンの野生生物についての本を読んでおり、隣で眠る妻を読書灯で起こさないか心配していた。本の中に登場するアルマジロ、妻の睡眠を邪魔しないスポット照明、ふたつのイメージが交差し異色の組み合わせでのアイディアが浮かんだのだ。

1972年に発売されたTATUは、その後ヨーロッパでポップアートのアイコンとなった。 そして50年近くの時を経て、 SANTA&COLE はこのプロダクトを再「編集」し、最新の機能を組み込んだモダンなLEDデスクランプとして発表した。

LEDと可変集光レンズでモダンに甦ったTATU

TATUは3個所のジョイントでそれぞれの部分を自由に回転させることで、有機的なフォルムを見せてくれる。またユーザーが自由に焦点距離を調整できる集光レンズにより、スポットライトや間接照明としても幅広い用途に対応可能だ。

レンズ周りのリング部分で焦点距離を調整可能
LED間接照明としても心地良い光量を作り出す

テーブルランプとしての使用以外にも、ナイトスタンドや寝室の照明の一つとして、TATUはさまざまな「照らし方」のバリエーションで楽しませてくれる。こだわりの空間をどうライティングで演出するか、それを考えずにはいられない上質のアイテムである。

カラーはホワイトとレッドの2色 (各¥85,800)

SANTA&COLE TATU(DECOLT)