昭和25年(1950)に創業した「名曲・喫茶 新宿らんぶる」は70年の歴史を誇り、新宿を代表する老舗の喫茶店だ。地下に広がるダンスホールのごとき巨大な空間は、かつて音楽に親しんだ「大人の社交場」の名残りのようなものを感じさせるのだ。

昭和の香り漂う200席の巨大な地下フロア

現在の店舗は昭和49年(1974)に建て替えられたものだが、店内のシャンデリアや燭台などは創業時から使用しているものだという。アーチ状の入り口から店内に入ると、1階はごく一般的な喫茶店の造りになっているのだが、問題は地下である。階段を降りると店構えからは想像できないほどの広い空間が目の前に出現し、初めての客は度肝を抜かれるだろう。

地下1階のメインフロア。中地階もある。

そんな地下の座席数は約200席というから驚きだ。天井が高いこともあり、写真で見る以上に広く感じる。真紅のベルベットのソファ席がゆったりと配され、リラックスした気分で過ごすことができる。

「名曲・喫茶 新宿らんぶる」は店名の通り、かつてはレコードによるクラシックコンサートが毎日開催され、客のリクエストも受け付けていたという。このダンスフロアのごとく広い空間は、そもそもは音楽を楽しむためのものだったのだ。

年代物のシャンデリアとベルベットのソファ。落ち着く空間だ。

ふと周りを見渡すと、新宿の喧騒を逃れて昼食をとりにくる客や、買い物の休憩に甘味を求める客、時間を持て余してコーヒーを飲みに来た客。様々な客が集い、思い思いの時間を過ごしている。

厚手のマグカップで提供されるコーヒーは、酸味が少なく、どちらかといえば苦味が前に立つ日本らしい味。いや、昭和喫茶らしい味と言うべきか。懐かしくてホッとする味だ。

小腹が空いた午後にコーヒーだけでは物足らず、チョコレートバフェを注文した。サクサクのコーンフレークが入り、アイスクリームとチョコレートシロップの甘さに満たされ、自然と笑顔がこぼれてしまうのも仕方あるまい。

サクランボやバナナ、ミカンが乗る昔ながらのチョコレートパフェ。

身だしなみを整えたウェイターが白いワイシャツに蝶ネクタイで、清潔感のある昭和喫茶の王道スタイルをしっかりと残しているのも嬉しい。

新宿という変化の激しい街にあって、古き良き佇まいと変わったようで変わらない時間の流れを残す「名曲・喫茶 新宿らんぶる」は、戦後の新宿文化を今日に伝える店として地域文化財に認定されている。あわよくば、時代を超えて令和のさらにその次の時代にも、昭和喫茶の趣を残し続けてほしいものである。

レンガの飾り壁と黄色い看板が目印だ。

【基本情報】 
住所:東京都新宿区新宿3-31-3 1F・B1F 
最寄り駅:地下鉄「新宿三丁目駅」より徒歩3分 
営業時間:9:30~23:00(LO22:30) 
定休:無休

文/沼 由美子 写真/佐藤佳穂