今回の新型コロナをはじめ未知のウィルスとともに共存していかなくてはならない時代「withコロナ時代」という言葉を耳にするようになり、これからはマスクが不可欠な生活がやってくるかもしれない。そんななかランナーをはじめ日々体を動かすことを習慣にしている人たちにとって、頼もしいアイテムを登場した。

「マルチクールネックゲイタ―」は、マスクの代用品としてスポーツシーンでの新しい定番品になるのかもしれない。濡らす→絞る→振るの3ステップで、冷却効果を発揮するハイドロアクティブ冷却テクノロジー(特許出願中)は、マスクの装着しながら運動する暑苦しさから開放してくれるだろう。また、これからの季節の熱中症対策としても活躍を期待できそうだ。鼻から口までしっかりと覆うことができ、上部に太いゴムが入っているためずれ落ちにくく、マスクを長時間着用したときのように耳が痛くなることもない。

同アイテムを手掛けた「MISSION」は、ニューヨーク発の独自の冷却技術「ハイドロアクティブ」を使ったクーリングテクノロジーのパイオニアブランド。すべてのMISSION製品は簡易的かつ効果的に冷やすことができ、炎天下でのアクティビティを支えてくれるだろう。

さらに創設者には、セリーナ・ウィリアムス、ダビド・ビジャ、ドウェイン・ウェイド、ドリュー・ブリーズと一流アスリートの名前が並ぶ。彼らによる、各フィールドでの実用テストも行われ、その性能も証明されている。

自粛期間が長期化するなか、従来のマスクを着用して走っているランナーを見かけるが、今後「マルチクールネックゲイタ―」がランナーたちの新定番になるかもしれない。スポーツだけでなく、キャンプなどアウトドアレジャーでも活躍してくれそうだ。

【製品概要】
名称: マルチクールネックゲイタ―
価格: 2,400円(税別)
販売方法: 公式ホームページ、全国のスポーツショップなど