2015年設立、京都で初めてスピリッツ製造免許を取得した京都蒸溜所は、2016年にフラッグシップ商品「季の美 京都ドライジン」を発売。柚子、山椒、ヒノキ、玉露など、日本特有の味と香りをブレンドし、和の情緒あふれる味わいを持つジャパニーズクラフトジンを生み出した。

世界的な酒類品評会IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)の「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー 2019」や、アイコンズ・オブ・ジンの「クラフト・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2019」を受賞するなど、国内のみならず国外での認知と評価を高めている。

「季の美 House」の店舗となる町家は木材商の歴史ある建築物を受け継ぎ、土壁や梁、石畳をできるだけ温存し、当時の雰囲気と風情を残す佇まい。100年以上経過した今日も耐久性に優れ、年間で5千万以上の旅行者が訪れる京都から世界へ、京都蒸溜所イズムを詰め込んだ空間で、究極の「季の美」体験を提供する。

ブレンディングルームやVRによる蒸溜所のツアー体験、ジンの歴史、「季の美」のつくりが学べるセミナーのほか、店舗限定の季の美グッズなどを販売。和のspirits(スピリッツ/魂)が吹き込まれる現場を再現した体験施設で、上質な時間を過ごしてみては。

京都蒸溜所