好きな銘柄の酒を呑んでホッとひと息つく時。

まずは“魅せるカウンター”にこだわったという。呑んだ後の空き瓶までもディスプレイに利用し、カウンターの高さも自身の身長に合わせた。カウンター材もわざわざ節の多い木材を使って、居酒屋のような雰囲気を演出。「カウンターチェアがあればデイリーに使いたいんですが、スタンディングなので決して楽ではありません。気分は角打ちです」と笑う。

居酒屋に行っても呑みたい酒がなかったので自分でひとり家呑みスペースを造った。日本酒にはこだわるのでコレクションも頭上の酒棚に飾っている。
果実酒もインテリアに。

今は大好きな希少な日本酒をメインに呑むので居酒屋のような雰囲気だが、ゆくゆくはアメリカのダイナー風にして、バーボンなども呑みたいと話してくれた。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.敢えてスタンディングで呑むスタイルに。
2.カウンターの上に酒瓶を並べた。
3.酒場の雰囲気にしたカウンターに。

カウンターチェアがないのでスタンディングで。
佇まいはキッチンではなく小さな居酒屋のようだ。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
カウンターチェアがないのですが、それによっていかにも呑み屋という雰囲気になります。

こちらもおすすめ▶家でのんびり酒を呑む場所は部屋番号を付けた「BAR 107」〈東京都 T邸〉