スタンディングスタイルで、自慢の「バックバー」を眺めながら家で呑むひと時が至福だという。

「やはりひとり家呑みをするからには、落ち着いて呑める雰囲気づくりが重要だと考えました」

そこでインテリアにもこだわるTMさんは、写真でもわかるようにキッチンの背面にボトル置き場の棚を造り、飾っているボトルの見映えが良くなるように、後ろからライトを当てたという。多くのバーがそのようにしているので、こだわったそうだ。その甲斐あって、家で呑むことも増え、今では自宅が「お気に入りのバー」になり、ほぼ毎晩のように大好きなジンを呑んでくつろいでいる。

白壁にバックライトでボトルが映える。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.部屋をバーの雰囲気に。
2.酒をバーの様に並べる。
3.収集ボトルを並べる。

好きな空間でハリスジンを氷で冷やして呑むのが気に入っている。
日本酒やワインは保管が重要なのでワインセラーを設置予定だとか。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
やはりひとり家呑みで重要なのは雰囲気作りですね。それによって居心地が断然変わりますから。

こちらもおすすめ▶オープンカウンターに酒棚を設けて自宅で立ち呑み気分を満喫〈東京都 柴田邸〉