カウンターに置くチェアは厳選したという。椅子によってキッチンの付属カウンターになるか、特別な空間になるかが決まるからだ。

実際にひとり家呑みを満喫する以外にも、家の中に居酒屋のようなスペースがあると、使っていない時でも気分は上がってくるのが大きなメリットだという。

今は、まだ子どもが小さいので家で呑む時間は限られるというが、それでも夜遅くにひとりで呑んでいると「気分が落ち着くというか、オンとオフが切り替えられるので本当にこのスペースを造って良かったと思えてきます」と話す。

旨い酒が呑める店巡りが趣味だったYSさん。今は自宅で好きな酒を呑んでいる。

カウンター横には大好きなワイン用の冷蔵庫を置いて、カウンターチェアに座ればすぐ酒に手が届くのが気に入っているという。

カウンター横にワインクーラーとグラスを置く棚が並んでいる。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.酒用の冷蔵庫を用意した。
2.いつでもくつろげるようにした。
3.TVが観やすいように配置した。

酒肴と共に一杯。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
今後は、カウンター付近にコンセントを設けて、つまみ作りなどの利便性をアップさせたいですね。

こちらもおすすめ▶バーのような高めのカウンターで酒を愉しむ我が家の極上空間〈東京都 Y邸〉