どうせ造るなら徹底的にこだわりたいので、既製品のバーカウンターを使わず、デザインや素材も自分たちで選び造作したため、大変気に入っていると話す。

バックの壁にも生活感のある物は置かない。

今ではここで、のんびりひとり家呑みすることに満足しているという。時には子どもが寝てから夫婦で飲むこともあるのだそうだ。週末は夕飯もバーカウンターで食べている。「コロナ禍で在宅勤務となってからは、ほぼ毎日このスタイルになっていますけどね(笑)」

酒器も雰囲気を壊さないモノを選ぶ。

今後は、ビアサーバーを入れて、さらに腰を落ち着けて呑みたいと嬉しそうに語ってくれた。

料理も好きなので自ら酒肴を作る様子が、まさにバーのようだ。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.カウンターデザインも色も妥協なし。
2.気に入った店をイメージした。
3.この空間にいつまでもいられる工夫をした。

バーのような雰囲気を出すために、素材などを選び抜いたカウンター。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
このスペースにいることが多いですね。とにかく居心地が良いのでゆっくり酒が呑めるんですよ。

こちらもおすすめ▶居酒屋巡りの趣味が高じて自宅にカウンター居酒屋を造る〈千葉県 YS邸〉