納車の日に新宿通りのど真ん中でガス欠し、路肩まで押したことは今でも忘れられない思い出。「うちの猫はクルマのリアで一緒に日向ぼっこするのがお気に入りなんですよ」。そう話す土屋さんの目尻は下がりっぱなしだった。

目下の苦労は理不尽に上がる旧車の自動車税と話す土屋さん。しかし、このクルマを手に入れてから、イベントに参加したり、ドライブに行った先々などで、友達が増えていくのが楽しいという。クルマが人を呼ぶ、そんな感覚を味わっている。
究極にシンプルなインパネ回り。現代車にはない“味”がある。
愛猫ノラ・ジョーンズと土屋さんののどかなひと時。