爽やかなスカイブルーの車体がひときわ目を引く君嶋さんのホンダ1300クーペGTL。しかし、パーツが全く市場に出ておらず、一度動かなくなると修理が大変とのこと。そのため普段使いはせずに、イベントの時だけ乗るようにしている。

前輪駆動や空冷エンジンなど、独創的な技術が盛り込まれているこのクルマは、当時、世界的に見てもハイスペックなものだった。同シリーズを3台も乗り継いできたという君嶋さん。変わることなく、ホンダ魂をこれからも抱いていくと語る。

各種の円形メーターやスイッチ、灰皿などが機能的にレイアウトされている。
空気力学を基に考案された流麗なボディ。