【特別インタビュー】

『好きなクルマに乗ることは、私の人生の一部』 パンツェッタ・ジローラモ|「アルファロメオGT1600 ジュニア」(1973年/イタリア)「フィアット 124 スポーツスパイダー1800」(1976年/イタリア)

運転している時が一番贅沢で豊かな時間です

男性ファッション誌の表紙を飾り、衣食住をはじめとしたライフスタイルを追求する“ちょいワルおやじ”の代表、パンツェッタ・ジローラモさん。普段の暮らしのなかで大切にしているのは、贅沢で豊かな時間を過ごすこと。そのために欠かせないのがクルマだという。

【ドイツ】

【イギリス】

【イタリア】

【日本】

【アメリカ】