フェアレディZの中で唯一、GTRと同じS20型エンジンを搭載しているのがこのクルマだ。432とは4バルブ3キャブ2カムという意味で、ケンメリGTRと共に排ガス規制の波に飲み込まれ、ほんの少数(わずか419台)しか販売されないモデルだった。

「とにかくS20型エンジンが搭載されているZに乗りたかった」という飯田さん。そんな希少なクルマを30年前に手に入れてから、ずっと大事に乗り続けてきた。3連メーターが印象的なハンドル周りや、黒で統一されたスパルタンな雰囲気は、今のクルマには見られない作りだ。

フェアレディZではおなじみの3連メーターが印象的なハンドル回り。他のZと基本的には変わらないダッシュボードだが、黒で統一されたスパルタンな雰囲気は今のクルマには見られない。

だが50年近く前の高性能エンジンだけにキャブレターの調整には気を使うそうだ。維持するだけでも大変なのだが、それも楽しみになっているという。

赤字が誇らしげな432エンブレムが目につくリア回り。
レースシーンから生まれたS20型6気筒2000ccエンジン。GTRの代名詞だが、このZ432にも搭載されて販売された。

ニッサン フェアレディ Z432

レーシングカーR380に搭載されていたGR8型エンジンをベースにした、S20型エンジンを積んだフェアレディ。排ガス規制により1973年販売終了。