PRV型6気筒のSOHC2849ccを後部に搭載するリアエンジンのレイアウトになっている。

何より近藤さんを魅了したのは、デロリアンの代名詞ともいえるガルウィングドアとメタリックなステンレスボディだ。普段使いでこのクルマを使用し、時にはキャンプにも足を運ぶのだという。

映画の次元転移装置を再現。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を知る方に話しかけられては会話を弾ませることがこのクルマを所有する喜びだと語った。

1985年に公開された「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に登場する実在の自動車「DMC-12」。同映画では、このクルマをベースとしたタイムマシンとして進化しつつ登場している。近藤さん自身もこの映画に影響を受けたそう。

▶︎こちらもおすすめ「【名車リスト60選】クラシックカー特集」