希少な名車で挑むレースの楽しみ

高橋さんと愛車のリックマン。ヴェロセットは今日のバイクでは当たり前の機能であるフットシフトや、油圧ダンパーを備えた後輪のスイングアームを開発した偉大なメーカーである。

東京都小金井市で主に旧車のバイクを取り扱うTRカンパニーのオーナー・高橋さんが所有するリックマンは、ヴェロセットのチューニングで有名なラルフ・セイモアが1969年、レースに出場するために製作した6台のうちのひとつ。

高橋さんいわくハンドリングは想像以上に素直。メーター回りもシンプルで美しい。

ただでさえ希少なヴェロセットの中でも、セイモアが手がけたスペシャルマシーン。愛おしそうにタンクを撫でる姿はまるで少年のよう。「こんなに美しい名車を、レースで思う存分に走らせる楽しさは、他の何ものにも代えがたいですよ」。

ステップのポジションはレースのため、かなりリアに寄せている。

高橋さんの先輩が英国で入手した車体を譲り受け、タンクやシートなど一切の妥協をせず、自分のポジションに合わせて仕上げた。

レースで走る高橋さん。この時は所有する別のヴェロセットで走った。

子供の頃、自宅にスーパーカブがあり、その頃からバイクに慣れ親しんできたという高橋さん。バイクを仕事にした今も、飽きることなくバイクを駆っている。そんな高橋さんの店には同じようにバイクを愛する客が集まり、いつまでも楽しそうにバイク話に花を咲かせているのだった。

レースでも使用するAGVのヴィンテージヘルメット。

※2016年取材

写真/池本史彦

▼あわせて読みたい