通称“ハイウェイキング”その美しさに首ったけ

2014年に個人売買で入手したというBMWのR69S(1962年)。フロントサスのアールズフォークが特徴的で、1960年代にはその速さから“ハイウェイキング”と呼ばれ世界中で称賛されたモデルである。

猪狩さんにお気に入りのところを尋ねると「低く構えたエンジンとパーツの美しさですね」という答え。このバイクの最たる特徴は、水平対向2気筒エンジン。左右にシリンダーヘッドが飛び出しているのが目印だ。クランクケースの絶妙な曲線と併せて、他のバイクにはない造形美をなしている。

「街で停めるとお姉さんではなく、おじいさんが寄ってくるんですよ」と笑いながら話す猪狩さん。そんな出会いも楽しい。休日には愛車でキャンプに出かけることもあるという。

1960年に登場したR69のチューンドモデルとして登場。最高速度は175㎞/h。

※2016年取材

写真/池本史彦

▼あわせて読みたい