バイク好きなら誰もが羨む、愛車に囲まれた至福の毎日

旧車好きなら一度は“乗ってみたい”と気になるバイクはカワサキ W1だろう。谷田さんもご多分に漏れず、1968年製の車両を、およそ120万円で購入した。

発売当時、国産車の中で最大排気量の650㏄を誇ったエンジン音や、その鼓動に魅力を感じるという。約半世紀前の乗り物とは思えない存在感に圧倒される。

ガレージライフを楽しむ谷田さんは、ガレージにソファやテレビを設置。愛車を眺めたり整備するのが、日々の楽しみになっているという。

スズキGSX400E(1980/日本)

また、他にもほぼノーマル状態のGSX400E(1980年)やレストア中のジェンマ125、ヴェロセットMAC(1952年)なども所有している。

ここまでノーマルに近い状態のGSX400Eを見つけるのは至難の業。気楽に乗れると谷田さんのお気に入り。

ヴェロセットMAC(1952/イギリス)

※2016年取材

写真/池本史彦

▼あわせて読みたい