ご主人専用の小上がりの畳敷きワークスペース。

「木の感触がとても気持ち良くて」と、もっぱら素足で過ごすのがお気に入りだというU夫妻。ダイニングだった場所を寝室とご主人の小上がり形式の畳敷きワークススペースに分割。

一方、奥さんのワークスペースはリビングの一角に配置し、デスクと簡単な収納棚を設置。使い勝手の良いスペースだ。

リビングの隅のWICと柱の隙間をうまく利用した奥さま専用のワークスペース。

【秘密基地造りのPOINT】
1.リビングを見渡せるミニエリア。
2.畳敷きの小上がりでくつろぐ。
3.素足でも快適に過ごせる。