木造駅舎を抜けると駅前中華がお出迎え

店主家族と常連客(左から2番目の女性)。和気あいあいとした雰囲気が伝わってくる。

外房にある上総興津駅の真ん前で存在感を放つ中華食堂。先代の村田達郎さんが昭和34年(1959)に開店。かつては2人の弟と、その妻たちが一緒に働く大所帯だった。

「昭和30年代は、夏になると近くにある興津海水浴場の客が押しかけてきました。開店前に何十人と行列していたんですよ」と先代の奥さん、節子さんが懐かしそうに話す。

常連客の3人兄弟。「この味で育ったから、これがおふくろの味」。

現在は息子の幸雄さんが東京で料理修業をして戻り、昔と変わらずに家族が協力して働いている。店内の一角には家族が休憩するスペースがあって、食事するちゃぶ台が置かれているのが微笑ましい。

酢豚は醤油ベースの味付け、下味をつけて揚げた豚肉が香ばしい。

40年以上通う常連客が言うには、「ここの家族はみんな仲良し。人間性が長年通う一番の理由です」。

といっても料理だって本格的だ。程よい酸味で豚肉たっぷりの酢豚が自慢で、土産に持ち帰る客も多いとか。味よし、アットホームな雰囲気よし。地元民に愛される、ふらりと立ち寄ってみたくなる店だ。

かつ丼も人気メニューのひとつ。
店内から上総興津駅の木造駅舎が見える。

※新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間・定休日に変更の可能性あり(2015年取材)

文/阿部文枝 写真/遠藤純

▶︎こちらもおすすめ「うまい琵琶湖の幸。創業110年を超える老舗食堂で舌鼓「中島屋食堂」(長浜市・長浜駅)|人情溢れる駅前食堂」