西成の名物ホルモン焼き

大阪環状線と関西本線の通るガード下、通勤ラッシュの時間(※2015年取材当時)に「権兵衛」は店を開ける。ホルモンのタレと焼きそばのソースを炒める香りが、朝の胃を起こしてくれるようだ。

ホルモン焼きそば。太麺とこってりとしたホルモンは相性抜群。

「昭和21年(1946)に親父が始めて。当時はこの辺りは闇市だったからね、バラックでやってたんですよ」

そう語るのは二代目になる泉谷啓二さん。店は兄弟で経営しており、午前中は啓二さん、午後はお兄さんが店を切り盛りしている。

「僕より古いお客さんも多いよ」と笑う啓二さん。

新今宮のある西成区といえば、労働者の町。昔は朝の5時から開店しており、夜勤明けに一杯飲みに来る客も多かったという。今は町の様相も変わり、観光客も多くなった。

「若い人や女性も店に来るようになったし、外国のお客さんも増えた。昔では考えられなかったなぁ」

年季の入った店内。
焼きそば、焼うどん、中華そば、ほとんどのメニューが自慢のホルモン入り。

なかには親子二代にわたる常連や、わざわざ四国から毎月来てくれる客もいる。町は変わっても、先代からタレをつぎ足し続けてきたホルモンの味は変わらない。

駅のホームの真下にある権兵衛。店内に電車と往来を行く車の音が聞こえる。
緑のテントが目印。

※新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間・定休日に変更の可能性あり(2015年取材)

写真/尾上達也

▶︎こちらもおすすめ「オムライスにラーメン、エビフライ! 昭和の懐かしい味が食べられる「絶品メシ食堂」まとめ|茨城編」