自然に囲まれながら、非日常的な時間を過ごせるソロキャンプ。

人混みを避け、独りでのんびり休日を満喫したい男たちが夢中になっているソロキャンプは、アイテムの選び方ひとつで充実度が変わってくる。

そのなかでもキャンプに欠かせないテントにこだわる人は多く、ソロキャンパーの需要に合わせて、さまざまなメーカーから魅力的な商品が販売されているのが現状だ。

機能性やデザイン性に優れた新品のテントに魅力を感じる人は多いが、一部のソロキャンパーの間では「パップテント」という希少性の高いテントが人気を集めている。

今回は、無骨でミリタリー感溢れるデザインが男心をくすぐる「パップテント」にフォーカスして、その機能性や選び方のポイントを紹介していく。

これからソロキャンプデビューをする初心者にも役立つ予備知識となるため、ぜひ参考にしてほしい。

パップテントはソロキャンパーに愛される男のアイテム

パップテントとは、さまざまな国の軍人が野営で使用していた幕を使った軍用テント(軍幕)のことである。

別名でハーフシェルター(シェルターハーフ)とも呼ばれており、軍人が使っていただけあって、耐久性・耐水性の高い素材が幕に使われているのが特徴だ。

実際に軍人に使われていたパップテントは、2枚の幕と2本のポール、そしてロープとペグだけで設営可能。

2枚の幕はボタンで連結できるようになっており、連結したあとにポールを立て、ロープで固定すれば完成する。

パップテントのサイズは基本的に1人〜2人用で設計されているため、ファミリーキャンプではなく主にソロキャンプで使われている。

一般人向けに販売されているモデルは利便性が高く改良されており、はじめてソロキャンプの経験が浅い人でも問題なく取り扱うことができるだろう。

パップテントの人気の秘密

パップテントは、ファミリーキャンパーよりもソロキャンパーに愛用されており、たくさんのアウトドア商品に触れてきた玄人キャンパーにも人気のアイテムなのだ。

人気の理由は、男の渋さを感じられるミリタリーテイストの見た目と、耐久性の高い機能性にあるだろう。

パップテントの素材にはコットン100%のものが使われていることが多く、使い込むとどんどんヴィンテージ感が増していく。

無骨で渋さの感じられる見た目は、男キャンパーに好まれるヴィンテージランタンやミリタリーアイテムと相性が良く、パップテントとアイテムの雰囲気を統一すれば周りのキャンパーから注目されることは間違いないだろう。

パップテントは、キャンプの経験を重ねるごとに味のある風貌に変わり、愛着も湧いてくるのだ。

また、シンプルな設計のため、カスタマイズ性にも優れている点は玄人にも嬉しいポイントだろう。

パップテントはワイルドな見た目の軍幕に分類される

ソロキャンプ初心者やまだキャンプ経験が浅い人は、パップテントが一般的なテントとどう違うのか気になるだろう。

キャンプ用テントは、ファミリーキャンプなどで使われる一般的なテントと、軍人に使われていた軍幕の2種類に大きく分けられる。

パップテントの特徴を理解してもらうために、一般的なキャンプ用テントの種類と特徴を説明していこう。

一般的なキャンプ用テントの種類と特徴

これから説明する一般的なキャンプ用テントとは、家族や友人、恋人などによく使用されているテントであると前置きしておこう。

一般的なキャンプ用テントは、アウトドアショップやインターネットで新品から中古まで入手しやすく、キャンプ経験の浅い人に向いている。

どのような種類があるのかをかんたんに説明していこう

ドームテント

ドームテントは、その名の通りドーム型の構造で、小型モデルから大型モデルまで幅広く販売されている。

シンプルなつくりで、軽量かつコンパクトに収納できることから、キャンプデビューによくおすすめされている。

ツールームテント

ツールームテントは、ドームテントの外幕を伸ばし、リビングスペースを確保した大型のテントだ。

テント内がふたつの部屋に分かれているため、寝室とタープを張れる食事スペースに分けて広々と利用できる。

ワンポールテント

ワンポールテントは、テント内の中心に1本のポールを立てて設営する円錐形のテントだ。

ティピーとも呼ばれ、三角型の見た目と設営の手軽さがキャンパーに人気。

見た目以上に居住スペースを広く確保でき、小型モデルから大型モデルまで販売されている。

ワンタッチテント

ワンタッチテントは、広げるだけでかんたんに設営できるテントだ。

地面に広げるだけで設営できるポップアップテントと、傘のように広げて設営できるドームタイプがあり、設営の手間を省きたい人や手軽にアウトドアを楽しみたい人におすすめされる。

ロッジ型テント

ロッジ型テントは、70年代によく使われていた、広々とした居住スペースを確保できる山小屋型のテントだ。

テント内は中心でも端でも十分な高さが確保でき、キャンプ用テントのなかでも屈指の広さといわれている。

ソロテント

ソロテントは、一人用の居住スペースを確保できるコンパクトなテントだ。

吊り下げ式のソロテントは設営も楽で、その手軽さはソロキャンプと相性抜群だ。

軍幕の種類と特徴

パップテントをはじめとする軍幕に分類されるテントは、「これぞ、男のソロキャンプ」というワイルドな見た目が特徴的だ。

軍幕は使用されていた国によって形状が異なるため、一部の種類をピックアップして紹介していこう。

パップテント

先に説明したとおり、2枚の幕をポールとロープで固定して設営するのがパップテントだ。

2枚の幕だけでフルクローズが可能で、1枚の幕をまくり上げて固定すればタープ代わりになり、雨でも快適にキャンプを楽しめる。

軍人が実際に使っていたモデルを新品で購入するのは難しいが、一般人が使用しやすく改良されたモデルであれば、アウトドアショップやインターネットでも購入可能だ。

三角形型

三角形型の軍幕は、ポール1本、ロープなしで設営可能で、フルクローズするには幕が4枚必要になる。

3枚でも広い居住スペースを確保できるのが特徴で、全室を寝床と調理場の両方で使用できるくらい快適な広さになるだろう。

正方形型

ロシア軍などで使われていたのが、正方形型の幕を使用する軍幕だ。

正方形型の場合、フルクローズして暖を確保したい場合には2枚〜4枚の幕が必要になる。

拡張性に優れているため、6枚以上の幕を使用すればさらに広々とした居住スペースを確保することも可能だ。

ワンポールテント型

1枚の幕と1本のポールだけでワンポールテント型に設営できる軍幕もある。

フルクローズには幕が2枚必要になるが、ロープを使わずに設営できる手軽さがある形状だ。

雨や風にも強いが、拡張することはできない。

ソロキャンプ初心者でも安心! パップテントの選び方

パップテントは、シンプルな構造ながら耐久性が高く、天候に左右されずにソロキャンプを楽しめるアイテムだ。

玄人のソロキャンパーに愛用されているが、近年ソロキャンプの需要が高まったことで、初心者でも手軽に扱えるパップテントがさまざまなメーカーから販売されているのが現状だ。

ソロキャンプにはじめてパップテントを導入しようと考えている人は、どのようなポイントに注目して購入すればいいかわからないだろう。

そんな人のために、パップテント選びで注目すべきポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

  1. キャンプ環境に合わせた素材選び
  2. 快適に過ごせるサイズ選び
  3. 虫除け対策になるシートの有無
  4. 雨天時や冬場に役立つスカートの有無

上記のポイントをそれぞれ詳しく解説しておこう。

キャンプ環境に合わせた素材選び

軍人が実際に使うパップテントには破けにくい上部な素材が使われているが、一般人に向けに販売されているモデルはコットン製もあればナイロン製もある。

各素材の特徴をよく理解して、キャンプ環境に合ったものを選ぶようにしよう。

雨の中でも安心のポリエステル製

ポリエステルは合成繊維の中ではトップクラスの強度を誇り、尚且、耐水性に優れている。

ポリエステルが使われたパップテントは水を弾くため、雨の中でも快適にキャンプを楽しめるだろう。

悪天候の中でソロキャンプをする場合に向いているが、雨天時は通気性が悪くなり、テント内の湿度がかなり上がることを想定しておこう。

熱に対してはナイロン以上、コットン以下の強度となるが、紫外線に強いため、変色しづらいというメリットがある。

総合的に耐久性が高く軽量なため、はじめてのソロキャンプでも安心して使えるだろう。

軽量で扱いやすいナイロン製

ナイロンは、ポリエステルの次ぐ強度を持ち、軽量で運びやすいという特徴がある。

傷に対する強度はポリエステルに劣るが、引っ張りに関する強度はポリエステル以上となっている。

しかし、熱に対しては他の素材よりも極端に弱く、焚き火の近くで使用した場合に火の粉で穴が空いてしまう可能性があるため注意が必要だ。

耐水性に関しては天然素材のコットンよりも優れており、雨の中でも安心して使用可能。

本格的な大自然の中で楽しむようなソロキャンプよりも、自然公園などで手軽に楽しむカジュアルなソロキャンプに向いている素材といえるだろう。

頑丈且つ火の粉で燃えづらいコットン製

パップテントにもよく使われている天然素材コットンは、通気性に優れ、頑丈且つ熱に強いという特徴をもっている。

火の粉が飛んでも燃えにくい素材のため、テントの近くで焚き火をしたい場合にはコットンがおすすめされるだろう。

耐水性も高いとされているが、土砂降りのような悪天候では雨漏りをする可能性があるため注意しよう。

また、水分によって縮んだりカビが生えたりする可能性があるため、ナイロンやポリエステルよりも管理が大変になる。

耐水性を重視したい場合は、コットンとポリエステルを混ぜ合わせた素材のポリコットンを選ぶという選択肢もありだ。

快適に過ごせるサイズ選び

たくさんの荷物を持っていく場合や広々としたスペースで快適に過ごしたい場合は、サイズをかならずチェックしよう。

一般的なパップテントは、幅200cm×奥行き150cmのソロキャンプ用として設計されているが、2人〜3人用のモデルも販売されている。

広々としたスペースを確保したい場合は、幅300cm以上×奥行き200cm以上のモデルを選ぼう。

ただし、サイズが大きくなると持ち運びが大変になる可能性があるため、収納袋に入れたときのサイズや重要も確認するのがポイントとなる。

虫除け対策になるシートの有無

特に夏場に悩まされるのが虫だが、一部のモデルには虫除け対策になるメッシュインナーやグランドシートが付いている。

メッシュインナーが付いたパップテントは虫除け対策ができるだけではなく、通気性に優れているため、夏場でも涼しく過ごせるだろう。

また、一般的にパップテントは地面を覆うグランドシートが付いていないため、テント内で寛ぎたい場合にはグランドシートの有無もチェックしよう。

雨天時や冬場に適したスカートの有無

地面とテントの間を塞ぐスカートが付いているモデルは、雨天時に雨水の侵入を避け、冬場は保温効果を高める効果がある。

寒い季節でもキャンプを楽しみたい場合、雨水や泥はねを徹底的に対策したい場合は、スカートの有無を欠かさずにチェックしよう。

初心者がパップテント選びで失敗しない秘訣

パップテント選びで注目したいポイントを解説したが、理想を高く設定しすぎると値段も跳ね上がるため、さらに悩んでしまうだろう。

そんな人は、以下のパップテント選びで失敗しない秘訣を参考にしてみよう。

  • 3万円台以下のモデルに絞る
  • 手入れが楽なポリエステル製、もしくはポリコットン製を選ぶ
  • できれば耐水性の高いモデルを選ぶ

パップテントは3万円台以下でもラインナップが豊富で、1万円台後半でも十分な機能性が備わったモデルを選ぶことができる。

素材選びはキャンプ環境に合わせるのがベストだが、雨が降ったあとの片付けや手入れが比較的楽なポリエステル製、もしくはポリコットン製が初心者にはおすすめされる。

また、耐水性の高いモデルを選べば、はじめてのソロキャンプが突然の雨で台無しになるという結果も避けられるだろう。

ソロキャンプに慣れている人は、米軍やロシア軍が実際に使っていたパップテントをインターネットで探してみるのもありだ。

軍人が実際に使用していた幕は無骨でとても味があり、ソロキャンプの相棒として長く愛せるだろう。

まとめ

ミリタリー感溢れる見た目のパップテントは、大人のソロキャンプをさらに盛り上げてくれるアイテムだ。

2枚の幕を繋いでポールとロープで固定するシンプルな構造ながら、高い耐久性と耐水性を誇る。

ソロキャンプにパップテントを導入する場合、環境に合った素材選びや快適に過ごせるサイズ選びが重要になってくる。

パップテントの多くにはコットン素材が使用されているが、初心者には取り扱いやすいポリエステル製やポリコットン製が向いているだろう。

パップテントに魅力を感じた人は、モデル選びの際にこの記事の情報をぜひ参考にしてみてほしい。