人の心を豊かにし、ときに感情を揺さぶる音楽。

音楽をより楽しむため、音響機器にこだわる人は多いが、「真空管アンプ」に興味をもったことはあるだろうか?

真空管アンプとは、CDプレイヤーやレコードプレイヤーから伝えられた電気信号を増幅させて、スピーカーを駆動させる音響機器のことである。

レトロで温かみのあるサウンドが特徴的で、スピーカーから大音量を流すことができるため、自宅からライブハウスまでさまざまなシーンで活躍。

この記事では、味のある独特なサウンドを体験できる真空管アンプの機能性や、選び方のポイントを詳しく解説していく。

真空管アンプの基本概要

真空管アンプとは、電極が入ったほぼ真空状態の真空管を使って電気信号を増幅させ、スピーカーを駆動させる音響機器のことである。

CDプレイヤーやレコードプレイヤーから発する電気信号はとても小さいが、真空管で信号を増幅させることで、スピーカーから大きな音を鳴らすことが可能になるのだ。

オーディオ製品の音の電気信号を増幅させる機器をアンプというが、アンプは左右のスピーカーの音量や音質などを調整するプリアンプと、プリアンプから伝えられた電気信号を増幅させ、スピーカーから音を鳴らす役目を担っているパワーアンプに分かれる。

真空管アンプは、プリアンプとパワーアンプの両方、もしくは片方に真空管が搭載されているものを指すのだ。

真空管アンプの活用シーン

スピーカーから大音量を流せる真空管アンプは、ミュージシャンやスタジオ・ライブハウスなどで音響を仕事とする人たちの間で広く活用されている。

なぜなら、真空管アンプは基本的に消費電力がとても大きいため、小さな部屋よりも防音環境が整ったスタジオやライブハウスで本領を発揮するからだ。

では、「狭い部屋では使えないのか?」といったらそうでもなく、自宅での音楽鑑賞用に適した小型の真空管アンプも多く販売されている。

真空管アンプを購入する際は、活用シーンをしっかりイメージした上で商品を選びたいところだ。

真空管アンプとトランジスタアンプの仕組みや機能を比較

真空管アンプとは何かをさらに理解してもらうため、比較対象となるトランジスタアンプとの仕組みや機能の違いを説明していこう。

トランジスタアンプとは、半導体でつくられる小さな電子素子「トランジスタ」を用いて、音の信号を増幅させるアンプのことである。

真空管アンプとトランジスタアンプの主な違いは、以下の5つが挙げられる。

  1. 音の増幅の仕組み
  2. 電圧・電流
  3. 音の特徴
  4. メンテナンスの有無

上記の項目をそれぞれ詳しく解説していこう。

音の増幅の仕組み

真空管アンプの真空管の中には、フィラメント、グリッド、プレートという3種類の回路(三極管)がセットされている。

まず、真空管の電極を高温させることで、陰極の表面から電子が放出される。そして、フィラメントとプレート間を流れる電子の量をグリッドでコントロールして音の増幅を実現させているのだ。

一方、トランジスタアンプは、エミッタ・ベース・コレクタという並びで構成された半導体が、音の増幅をコントロールしている。

ベースの部分はエミッタとコレクタと異なる種類の半導体になっており、ベースに音の信号を入力することで、エミッタとコレクタ間の電流が変化する。

エミッタとコレクタは電源と通じているため、電流に変化を与えることで音の増幅が増幅されるのだ。

電圧・電流

真空管アンプは、電圧を高くすることで大きな電力に増幅させているため、トランジスタアンプよりも消費電力は多くなる。

一方、トランジスタアンプには半導体の接合があるため、大きすぎる電圧には絶えられず、低電圧で稼働する仕組みとなっている。

ただし、トランジスタアンプの半導体の抵抗が低い場合には、大きな電流を流すことも可能だ。

音の特徴

真空管アンプの音には、温かさと柔らかさがあり、トランジスタアンプよりも音に自然さを感じることができる。

真空管で音の信号を増幅させると、聴感に心地よく感じられる偶数次の歪みが強調されるため、人間が好みやすい独特の音に仕上がるのだ。

音楽用語で使用される「歪み」をかんたんに説明すると、オリジナルの音とは異なる特徴をもった音のことを指す。

ロックギタリストが鳴らすエレクトリックでギャンギャンしたあの音こそ、歪みによって生み出された音である。

真空管はさまざまなメーカーで異なる特徴の商品が販売されており、真空管を交換することで音の硬さや明るさ、歪みなどを変えられる点も覚えておこう。

一方で、トランジスタアンプの音は、真空管アンプと比べると冷たさがあり、「人間の耳にきつい音」と表現されることもある。

しかし、トランジスタアンプは低音から高音まで幅広い音域の出力が可能で、真空管アンプと比べてノイズが少ないというメリットがある。

レトロで温かみのある音が好きな人には真空管アンプ、シャープで現代的な音が好きな人にはトランジスタアンプという勧め方がよくされているが、実際に聴いてみて判断するのがベストだろう。

メンテナンスの有無

真空管アンプは、稼働していると熱を帯びやすく、真空管が劣化したときに交換を検討する必要がある。

明確な交換時期はないが、明らかに音が小さくなったり、以前よりも歪みが感じられなくなったりしてきた場合は、真空管の交換を検討しよう。

一方、トランジスタアンプは真空管アンプと比べて寿命が長いといわれており、基本的にメンテナンスは不要だ。

ただし、音にこだわりのある人や仕事で使用している人は、電解コンデンサーやカーボン抵抗、整流用ダイオードなどの熱で劣化する部品を数年単位で交換している。

物理的な衝撃に対しては、ガラス管を使っている真空管アンプのほうが脆いが、トランジスタアンプも強い衝撃を受けると故障する可能性はある。

総合的に、トランジスタアンプよりも真空管アンプの方がメンテナンスのスパンが短く、手入れが大変だと覚えておこう。

真空管アンプの選び方のポイント

真空管アンプはトランジスタアンプよりも高価なため、購入する場合にかなり悩むだろう。

そこで、真空管アンプ選びに失敗しないために、どのようなポイントに注目すればいいのかを詳しく解説していこう。

初心者におすすめされるのがプリメインアンプ

真空管アンプは、プリアンプとパワーアンプが一体化したプリメイン、プリアンプとパワーアンプがそれぞれ独立しているセパレートアンプという2種類のタイプがある。

現在、真空管アンプの主流となっているのがプリメインアンプだ。

プリメインアンプは、プリアンプとパワーアンプの両方を購入する必要がないため、コストを抑えられるのが最大のメリットとなるだろう。

また、販売されている種類も豊富で、購入後はプレイヤーとスピーカーの間に繋いですぐに利用できるため、初心者におすすめだ。

一方のセパレートアンプは、プリアンプとパワーアンプを別々で購入する必要があるため、プリアンプアンプよりも高価になるが、他社同士の機器の組み合わせによって音質の幅がぐんと広がるのだ。

セパレートアンプは、真空管アンプの取り扱いに慣れている上級者が、さらなる高音質を追求したい場合におすすめされる。

もちろん、初心者でも音質にとことんこだわりたければ、セパレートアンプが有効な選択肢となる。

ただし、部分ごとに機器を揃える手間と大きなコストが発生することを忘れてはいけない。

省スペース且つ楽に設置できるのはプリメインアンプ

プリメインアンプの真空管アンプの場合、省スペースでの設置が可能で配線も難しくないため、手軽に設置できるメリットがある。

一方で、セパレートアンプはある程度の設置スペースが必要となり、さらに機器を繋ぐ配線が増えて手間がかかるというデメリットがある。

限られたスペースで設置を考えている場合は、購入前にかならずサイズをチェックしておこう。

音質重視ならシングルアンプ、出力重視ならプッシュプルアンプ

真空管アンプには、出力管が左右で1本ずつのシングルアンプと、左右に2本ずつのプッシュプルアンプがある。

シングルアンプは、真空管アンプ特有の温かさや柔らかさをさらに強調したい場合におすすめだ。

一方のプッシュプルアンプは、シングルアンプよりも音質の表現の幅は狭くなるが、シングルアンプの2倍以上の出力を実現させる。

シングルアンプかプッシュプルアンプかは、活用シーンをよく考えた上で選ぶ必要があるだろう。

MT管・ST管・GTから好みを選ぶ

真空管アンプに用いられる真空管は、MT管・ST管・GT管という3種類があり、それぞれ音質に特徴がある。

主流となっているのが最も新しいMT管であり、高性能且つ、真空管の中でも標準的な音質とされている。

ST管は、MT管よりも音の柔らかさが強調される。レトロなサウンドに近づくため、クラシック音楽や昭和の懐かしさを感じられる音楽などと相性が良く、主に大型のアンプに用いられている。

現代的でシャープな音質の表現に向いているのがGT管だ。ロックなサウンドと相性が良く、ギターアンプやベースアンプなど、出力が高い真空管アンプに用いられている。

スタンダードなものを選びたい場合はMT管が選択肢となり、より味のあるサウンドにしたい場合には、ST管かGT管を選ぼう。

自宅用なら10W以下、ステージ用なら10W以上を選ぶ

真空管アンプの出力はワットで表現され、自宅などの狭い部屋で使用する場合は10W以下のものが適している。

大きめの部屋やライブハウスなどでギターやベースを大音量で鳴らしたい場合には、10W以上の真空管アンプを選ぶ必要がある。

真空管アンプ選びの際は、欠かさずにチェックしておくべきポイントとなるだろう。

プレイヤーに対応した接続方法で選ぶ

真空管アンプとプレイヤーの接続には、USB端子・Bluetooth端子・PHONO端子などが用いられている。

スマートフォンで音楽を再生する場合は、Bluetooth、もしくはUSBによる接続が主となる。

Bluetoothで接続する場合はケーブルが不要となるため、設置したときの見た目がすっきりする。

真空管アンプをレコードプレイヤーと接続したい場合は、PHONO端子があるかどうかをチェックしよう。

PHONO端子とは、接続部分に白と赤の目印がついた古いレコードプレイヤーの多くに付いているものだ。

接続端子が異なる場合は変換コネクタで対応できるが、ワイヤレスで接続したい場合には、真空管アンプがBluetooth対応かどうかをかならずチェックしよう。

ハイレゾ音源に対応したタイプもある

ハイレゾ音源を真空管アンプで楽しみたい場合は、ハイレゾ対応モデルを選ぼう。

ただし、ハイレゾ対応モデルは高価なため、より多くの予算が必要になることを想定しておかなければならない。

デザインで選ぶ

真空管アンプの性能にこだわるのはもちろんのこと、デザインも重視したいという人はいるだろう。

一般的な真空管アンプは、ボックス型のボディに真空管と電源ボタン、ボリューム調整のつまみが付いている。

ボディのカラーはブラックとシルバーが多いが、インパクトのあるレッドやインテリアとして映えるウッド調などのモデルもある。

真空管もモデルによって多少デザインが異なるが、劣化した場合に交換を行うため、真空管のデザインを重視して選ぶのは望ましくないといえる。

電源ボタンやボリューム調整を行うつまみについては、操作性を重視したシンプルなデザインが多いため、デザインを重視する場合にはボディの形状・カラーがポイントとなるだろう。

まとめ

真空管を用いてプレイヤーの音の増幅をさせる真空管アンプは、温かさ・柔らかさ・自然さを豊かに表現してくれる音響機器だ。

真空管アンプには、自宅の音楽鑑賞用として使える数Wのモデルから、ライブハウスなどのステージで楽器を爆音で鳴らせる100W以上のモデルまで販売されているため、活用シーンに合ったものを選ぼう。

はじめて真空管アンプに触れる人には、手軽に扱えるプリメインアンプが推奨されている。

真空管の種類や数によって音質や出力も変わってくるため、真空管アンプ選びに悩んだ際は、この記事の情報をぜひ参考にしてほしい。

真空管アンプにはトランジスタアンプには表現できない味があり、これからも音にこだわりを持つ人たちに長く愛され続けるだろう。