鍼灸師でハリエット代表の関口賢さんにその効果とやり方を聞いた

断食が体のリセットやダイエットになることはよく知られるようになってきた。しかし、なかなかハードルが高いのも事実。そこで気軽に断食を続けられるように考え出されたのが「月曜断食」。「30代から40代の男性にとってメリットが大きい」と話す、鍼灸師でハリエット代表の関口賢さんにその効果とやり方を聞いた。

■取り入れやすく続けやすい月曜断食

鍼灸師の関口賢さんによって考案された「月曜断食」は、月曜日に何も食べず、<良食→美食→不食>のサイクルを1週間ごとに繰り返すもの。この新しい断食法は、30代から40代の働き盛り世代の男性にこそおすすめの方法だという。

「30代から40代にかけての男性は、やりがいのある仕事を任され、プライベートでも子育てや趣味に忙しい世代です。一方で、20代の頃に比べると疲れが取れなかったりお腹が出てきたりして、この先、体調の良さを維持できるか不安になる頃だと思います。

そうしたときに、新たに運動習慣を加えるのは難しいもの。月曜断食は、これまでの生活にプラスするのではなく、マイナスするもの。何かを始めるのではなく削ぎ落とすと言う発想なので、忙しい世代にも取り入れやすいはず。結果が出やすいので、続けるモチベーションも上がるのもおすすめできる理由です」(関口賢さん、以下同)

ダイエットや体調を整えるのには運動習慣が思いつくが、長続きしない人が多いのも事実。カンタンに始められて続けやすい月曜断食には、働き盛り世代へのメリットも大きいと語る。

「断食の最大の効果は、オートファジーだと言われています。古くなった細胞をきれいにしてくれるリサイクルのシステムが働くようになるのです。つまり、30代になると不安になる老化現象に対してアンチエイジングが期待できます。適度な空腹をつくり、食生活が整うと、自然と体重が落ちてきます。

男性の場合は、女性よりも基礎代謝が高いので、1ヶ月で5キロ痩せられたという人も珍しくありません。また、多くの人が睡眠の質が上がったと実感しています。睡眠中、きちんと空腹の時間を作れれば、消化ではなく本来の修復の時間に当てられるので、すっきりと目覚められるのです。なんとなく体調が悪いと感じている人には、最も効果があると思います」

■月曜断食を実践するための5つのルール

月曜断食にまつわる書籍は累計30万部といずれもベストセラーになっている

1週間のうち、月曜日に不食を取り入れる月曜断食は、食べない意外にも実践するためのルールがある。5つのルールをチェックしてみよう。

ルール1:不食→良食→美食のサイクルを守る

月曜断食のサイクルは、月曜日に断食をして、火曜日から金曜日は量を控えて良質な栄養のある食事を摂り、土曜日と日曜日は家族や友人と心から満たされる美食を摂る1週間。毎週、そのサイクルを続ける。

ルール2:食べる量の目安はこぶし2つ分

良食の目安は、咀嚼したときにこぶし2つ分で収まる量。つまり、両手の平に収まる量で抑えるもの。胃腸の大きさはこぶし1〜2個分。胃腸の大きさを広げないようにすることが肝心だ。

ルール3:不食の前日にドカ食いしない

月曜断食の前日は美食の日だが、暴飲暴食はNG。前日に食べすぎて、翌日に断食を迎えると、血糖値の急上昇と急降下を起こすことに。美食日でもドカ食いはやめよう。

ルール4:飲み物を水に変える

男性に普段の飲み物を聞くと、コーヒーだけ、ジュースだけ、エナジードリンクだけと、同じものばかり飲んでいる人が多い。そうした飲み物を水にチェンジ。水は断食中も含めて毎日、水を1.5から2リットル飲むようにしよう。

ルール5:その日のうちに布団に入る

しっかりと睡眠時間を確保することで体のリズムが整いやすくなる。また夜にお腹が空いてしまう人はそもそも起きていることがお腹の減る理由。その前に眠ってしまおう。

■月曜断食を始めるためのQ&A

Q.1 月曜日に断食をすると、仕事に集中できなそうで心配です。大丈夫?

A.1 断食をするとお腹が減って集中できないというのは、むしろ逆。昼食を食べすぎた午後は、眠くなった経験がある人は多いはず。実は睡眠がしっかり取れていれば、空腹の時はアルファ波が出て脳が活性化され集中力が高まるもの。忙しい月曜日こそ、断食は最適だ。

Q.2平日に飲み会や会食の予定が入ってしまったら、どうしたら良い?

A.2 月曜断食では、アルコールの摂取は禁止ではない。ほどほどであれば良いと考えられている。むしろお酒の席では、炭水化物や揚げ物などを過剰にとらないことも大切。普段から羽目を外すような飲み方や食べ方をしないことを心がけよう。

月曜断食は、続けることが大事。継続するためには「完璧にならないこと」と関口さん。

「続けられない人の多くは完璧主義。月曜日におにぎりを食べてしまったり、平日に飲み会があっても、以前よりは食事量を調整できている自分をほめましょう。食事量は1週間、トータルで考えれば大丈夫。昨日の夕食を食べすぎたから今日は抜いてみようと考えれば続けやすいですよ」

【取材協力:関口賢】
鍼灸師、ハリエット代表。2010年に鍼灸治療院を開業。ハリエットは、銀座、六本木、名古屋に治療院があり、鍼灸や推拿マッサージ、食事療法による体質改善を目指している。月曜断食を鍼灸でフォローするコースも用意されている。
https://harriet-ginza.com

取材・文:岡本のぞみ(verb)