近年は、ひとりの時間を重視した人生を送っている人が増えているようだ。車中泊をすることは、ひとり旅を満喫する上で魅力的なエッセンスになるだろう。この記事では、そんな車中泊の夜を楽しむコツや気をつけるべきポイントを紹介していく。車中泊に挑戦したい人には必見の内容だ。

車中泊の楽しみ方

「車中泊」とは自宅や宿泊施設では再現できない、特別な過ごし方である。誰かに邪魔されることのない、自由な夜だからこそ満喫できる楽しみがあるのだ。そんな車中泊のおすすめスタイルについて紹介していく。

自然と向き合う

どこでも気ままに行きたいところに行けることが、車中泊の醍醐味だろう。星が綺麗に輝く場所で星空を眺めたり、潮の香りがする海辺や月が綺麗に映っている湖を眺めたりしながら過ごす時間も贅沢である。日常から離れて非日常の空間に浸ることで、自分自身と向き合えることも魅力のひとつだ。

焚き火を楽しむ

車中泊なら時間を気にせず、気軽にひとりで焚き火を楽しむこともできる。焚き火の炎の揺らぎは人の心を癒してくれる効果があり、穏やかな気持ちにさせてくれるといわれている。癒し効果が期待できる焚き火にはぜひ挑戦してほしいが、焚き火が許可されている場所は限られているので、事前のチェックは必須だ。

読書や映画鑑賞

車中泊の特別な夜には、読書もおすすめだ。邪魔するものがないひとりきりの車内は、読書するのにうってつけの環境である。この機会に、普段は読まないジャンルの本に挑戦してみるのもよいだろう。

車内のライトを消せば、音が響き渡る車内で映画館さながらの臨場感を味わうこともできる。ここでビールをクイッと飲みたいところだが、帰路のことも考えてノンアルコールビールを満喫しよう。

車中泊の夜に気をつけるべきポイント

自由気ままに楽しむことができる車中泊だが、いくつか注意が必要なこともある。車中泊を有意義に満喫するために気をつけるべきポイントを紹介していこう。

防犯対策をしっかりする

夜間ひとりでいるということは、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性は否定できない。極力人に助けが求められる環境で車中泊をするようにしてほしい。また、何かあった際はすぐに通報できるように、スマホの電源は入れたままにすることが大切だ。

トイレの手段を確保する

車中泊で困ること、それはトイレの手段だ。極力近くにコンビニや公衆トイレがある環境を選んで車中泊をするのが望ましい。

エンジンは必ず切る

初めての車中泊で忘れがちなのが、エンジンを切るということだ。車中泊をする場所の近隣に住宅がある場合、夜間のエンジン音が原因で騒音問題に発展してしまうことも起こりうる。また、雪が積もりやすい環境の場合、マフラーが雪で覆われて一酸化炭素中毒になってしまう危険性もあるため、注意が必要だ。

エコノミークラス症候群に気をつける

飛行機の長時間移動で発症するイメージがあるエコノミー症候群だが、車中泊でも陥る可能性はある。数時間に一度は車外に出て軽く体を動かすなど、長時間同じ姿勢でいることは避けるように工夫してほしい。

さまざまな魅力がある車中泊には、ひとりの時間を満喫したいという人々の関心が集まっている。注意すべきポイントをしっかり押さえて、気ままな車中泊を楽しんでほしい。