67445海外にはユニークな料理が多い? 日本では珍しい世界のご当地グルメ7選

海外にはユニークな料理が多い? 日本では珍しい世界のご当地グルメ7選

WAB TATE
目次

世界のユニークなご当地グルメをご存知だろうか? 日本にも変わったご当地グルメはあるが、海外のユニークさはその比ではない。

日本料理だけを知っていても、自称グルメを語ることはできない。グルメに興味がある人は、本記事で紹介する世界のユニークなご当地グルメ7選をぜひ確認してみてほしい。

世界のご当地グルメを知ることで、日本と海外の価値観や文化の違いを深く理解できるはずだ。あなたの知的欲求を満たす情報を「男の隠れ家デジタル」がお届けしたいと思う。

■サンナクチ|韓国料理

観光客からまったく支持されていない韓国料理「サンナクチ」。これは、一口サイズにカットされたタコを皿に並べた料理だ。要はタコの踊り食いである。

皿の上でうねうねと動くタコは、まるで何かの幼虫のようで、味以前に見た目がショッキング過ぎる。塩を混ぜた胡麻油やチョコチュジャンを和えて食べるのだが、韓国人以外からはあまり人気がない。

■​​ココレチ|トルコ料理

トルコのB級グルメである「ココレチ」は、ケバブのような見た目をしている料理だ。見慣れた見た目をしているが、実は羊の腸を使った料理である。

ただし、グロテスクな見た目はしておらず、味もしっかりと美味しい。ホルモン好きにはたまらないグルメであり、臭みもほとんどないため、トルコに訪れた際はぜひ食べてみてほしい。

■豬血糕(豚の血ケーキ)|台湾料理

名前からすでにショッキング極まりない料理「豬血糕(豚の血ケーキ)」。この料理は、豚の血で固めて作ったお餅である。

見た目は普通のお菓子のようで、特にグロテスクな感じはしない。食感も日本のお餅みたいで、生臭さも特になく美味しい。名前の割にはインパクトに欠けるが、台湾に寄った際は記念にぜひ食してみてほしい。

■ピジョン|フランス料理

フランスの高級料理である「ピジョン」は、ハトを使ったグルメだ。ハトと聞くと日本人はビックリするが、フランスでは意外とメジャーな料理である。

また、公園などのハトを捕まえて調理するのではなく、食用として育てた安全なハトを調理するため、感染症などの心配はない。鶏肉よりも身が引き締まっていて、ワインとマッチするのが特徴。

■バビ・グリン|インドネシア料理

続いて、バリ島の伝統料理でもある「バビ・グリン」を紹介する。「バビ」はインドネシア語で豚であり、「バビ・グリン」を直訳すると豚の丸焼きになる。

見た目のインパクトが強いため、人によってはグロテスクに感じてしまうだろう。ただ、この料理は豚のお腹にスパイスを詰めて焼くので、豚特有の臭みをほとんど感じない。

また、廃棄する部位が少なく、豚一匹をまるごと食べることができる。豚肉料理が好きな人に食べてみてほしいグルメだ。

■ルートフィスク|ノルウェー料理

干した白身魚を灰汁に浸した料理​「ルートフィスク」は、主にノルウェーで食べられている郷土料理である。ゼラチンのような食感があるこの料理は、クリスマス・イブなどの寒いシーズンによく食されている。日本人からはあまり支持されていないが、ノルウェーではとても人気の料理である。

■ポロン・カリストゥス|フィンランド

フィンランドのご当地グルメ「ポロン・カリストゥス」は、トナカイの煮込み料理である。日本では食べ慣れないトナカイだが、フィンランドでは一般的に好まれている。

トナカイの肉はスパイシーな感じはするが、クセや臭みはそこまで強くない。クランベリーソースなどで一緒に食べることが多い。日本ではあまり食べることのできない料理であるため、フィンランドに訪れた際にはぜひ食べてみてほしい。

■まとめ

今回は、日本では考えられない世界のご当地グルメを7つ紹介した。

どれも日本人からすると珍しい料理であり、ユニークかつクセの強い料理が多い。日本では味わえない独特な風味もあるため、現地で見かけた際はぜひ一度食べてみてほしい。

そのほか、海外にはユニークな料理が数多く存在する。ご当地グルメに興味がある人は、ぜひほかの料理も調べてみてほしい。

▼あわせて読みたい

株式会社WEB TATE
株式会社WEB TATE

SEO記事をはじめPR記事やセールスライティング、バズることを目的とした配信用コンテンツなどさまざまなWEBライティングに対応できるライター集団。
目まぐるしいユーザーニーズに対応し、対象媒体の状況に合わせた改善/提案まで行っている。
YMYL領域からゲーム・漫画領域まで、多岐にわたるジャンルにおいての執筆が累計10万記事以上あり。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る