山梨県の老舗酒造メーカー・笹一酒造は4月21日、高濃度エタノール製品「笹一アルコール77」を販売開始する。

高濃度アルコール製品の製造に乗り出す酒造メーカー

高濃度アルコール製品続々。老舗酒造が消毒用エタノールの代替品「メイリの65%」を4月6日から全国販売開始

飲む?それとも…消毒用と同等のアルコール度77%、菊水酒造が飲用酒「アルコール77」発売

広島・中国酒造の高濃度エタノール製品「High Alcohol Spirits 65%」ネット通販で販売も早くも欠品状態

笹一酒造「笹一アルコール77」

新型コロナウイルスの感染拡大対策として、高濃度アルコール製品の急激な需要の高まりを受けて開発に着手。容量500ml中のアルコール分は77%で、医薬品や医薬部外品ではないとしながらも、消毒用エタノールの代替品として手指消毒に使用することができるという。

4月21日から首都圏を中心とした医療機関、酒類販売店、ドラッグストア、同社直売店「酒遊館」に優先的に供給を開始。売り上げの一部を新型コロナウイルス対策の取り組みに対して寄付する。

個人への販売は同日より酒遊館で毎日数量限定で行う予定だ。

【商品概要】
商品名:笹一アルコール77
アルコール度数:77%
容量:500ml
価格:1,200円(税別)
※1本あたり385円の酒税を含む
公式サイト:笹一酒造

あわせて読みたい

お酒で消毒用アルコールを代用|高濃度アルコールの殺菌効果は?