ビンテージクールジャパンが展開するアイスボールメーカーは、水道水を入れて冷凍庫にしまうだけで、誰でも簡単にクリアなアイスボールを作ることができるキッチンギア。

長年、プロのバーテンダーが氷の塊をアイスピックで少しずつ削り出し、氷の玉に仕上げる職人技で生まれるものとされてきたが、誰もが手軽にできる秘密が、水が凍る時間にタイムラグを作るダブルパッキング構造だ。

不純物を含んだ水を冷やすと、水の分子の方が早く凍るため、不純物を含んだ水は底部に沈殿する。 その違いを利用し、純粋な水はモールド内で先に凍ってアイスボールに、不純物の多い重たい水は容器の底部で白い氷となって固まるようにしている。

固まったら、不純物を含んだ氷の部分をモールドから外すだけ。容器を冷凍庫に入れるだけで水道水からプロ顔負けのクリアなアイスボールが完成だ。

また、アイスボールの特徴といえば、その溶けにくさ。球体であるゆえ、表面積が小さくなり、溶けにくくなる。 このアイスボールメーカーでは直径6.4cmの大きなアイスボールができ、かつ不純物を含まないので、室温なら約2時間も溶けない(外気やドリンクの温度により溶解時間は異なる)。

お酒以外にも、フレッシュジュースやアイスコーヒーなど、飲み物本来の味を長く楽しむことができる。

直径6.4cmの大きさを生かし、フルーツ・イン・アイスもできる。透明度が高いので、中のフルーツも美しい。

販売予定価格は7,200円。現在、Makuakeで特別価格の先行販売を受付中。自宅で飲む一杯が氷を変えるだけで、ワンランク上の味になる。いろんなお酒で試してみて自宅BARを満喫してみては。

【概要】
商品名: アイスボールメーカー
サイズ:21.7×12.5×18.6cm
重量:905g
素材:シリコンBPA フリーで米国FDA認証と日本食品衛生検査済みの安全素材
使用温度範囲:−40度〜250度
予約販売:Makuake