イオンは自社の新ジャンル「トップバリュベストプライス バーリアル」シリーズを9月にリニューアル。増税に頭を悩ませる消費者の生活を応援するため、2020年10月1日以降も価格を据え置きで販売していく。

「トップバリュベストプライス バーリアル」シリーズ

10月6日からは国内製造の本格生ビール「トップバリュベストプライス 富良野生ビール」の販売も開始。希少な北海道富良野産ホップ「リトルスター」を50%以上使用し、これまでにない爽やかな薫りやコク深い味わいを楽しめるという。麦芽100%・副原料不使用での製造など、原料・産地・製法全てにこだわることで、高品質のビールに仕上がり、減税で求めやすくなる“本物”のビールに原点回帰する消費者へ、改めてビール本来の味わいを提案する。

トップバリュベストプライス 富良野生ビール

▼あわせて読みたい
【2020年10月〜】ビールは値下げ。第3のビール・新ジャンル・発泡酒は?酒税法税率改正で値上げ/値下げになるお酒一覧

【商品概要】
商品名:トップバリュベストプライス バーリアル
種類:バーリアル リッチテイスト、バーリアル、バーリアル 糖質50%オフ
品目:リキュール(発泡性)①
規格:350ml…1缶 78円(税抜)、500ml…1缶 110円(税別)

商品名:トップバリュベストプライス 富良野生ビール
住所:2020年10月6日
販売店舗: イオングループ全国約5,200店舗 ※一部取り扱いのない店舗がございます。
内容量:350ml
価格:1缶 150円(税別)、6缶 898円(税別)、24缶 3,580円(税別)
品目:ビール
アルコール分:5%
原材料:麦芽、ホップ
公式サイト:AEON