LA発の電動キックボード

「SPLACH」は、海外の大手クラウドファンディングサイトで7000万円の支援を獲得した超人気の電動キックボード。その人気のひみつは、荒れた路面でもデコボコ道でも坂道でも、いろんなアウトドアシーンを苦にしないパワーと走破性だ。

2つのタイプが同時発売

「SPLACH」には2つのタイプがある。スピード重視の「TURBO」と燃費重視の「RANGER」だ。「TURBO」の最高スピードは時速45km、坂道は最大25%の傾斜を上ることができる。いっぽうの「RANGER」は最高スピード35km、最大傾斜は20%となっている。

しかし「RANGER」の強みは電池の持ち。1回の充電で50~60kmの距離の走行が可能で、「TURBO」の30~35kmと比べて倍近く持つ。スピードを取るか距離を取るか悩ましいところだ。

サスペンションとグリップタイヤ

「SPLACH」のアウトドアでの走破性の高さは、前後輪のサスペンションと、後輪の高グリップな空気式幅広タイヤによってもたらされる。また、パワフルでスピードも出る分、ダブルブレーキを搭載し制動性能も高めている

重さは約15kg。サッと2つ折りにして車に詰め込んで、さあ出かけよう。この電動キックボード「SPLACH」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売中だ。

ひとつ注意事項としては、公道を走るのには免許やナンバー、ミラーなど保安部品等も必要になること。走行を許可された私有地に限定して走る分にはOK。詳細は「Makuake」プロジェクトページへ。

▶︎詳細:「Makuakeプロジェクトページ「SPLACH」
https://www.makuake.com/project/splach/

▼あわせて読みたい