日本における歴代の映画興行収入ランキングを見れば、アニメ好きの日本人が多いことがわかる。世界の映画興行収入ランキングと比較すると、その差は明らかだ。

そこで今回は、歴代の映画興行収入ランキングを日本と世界で比べ、アニメ作品の多さから日本と海外のアニメに対する見解を解説していく。

■歴代の映画興行収入ランキング(日本)

まずは、日本における歴代の映画興行収入ランキングを見ていこう。

1位:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
2位:千と千尋の神隠し
3位:タイタニック
4位:アナと雪の女王
5位:君の名は。
6位:ハリー・ポッターと賢者の石
7位:もののけ姫
8位:ハウルの動く城
9位:踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
10位:ハリー・ポッターと秘密の部屋

日本の映画興行収入ランキングには、アニメ作品がなんと10個中6個も含まれている。また、2021年の映画興行収入ランキングで1位を獲得している「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」もアニメ作品で、さらに2位、3位とアニメ作品が続いている。

このことから、日本人はアニメ作品がとてつもなく好きなことがわかる。この現象は世界から見てどう映っているのだろうか? 海外の映画興行収入ランキングと比較してみよう。

■歴代の映画興行収入ランキング(世界)

日本に続いて、世界における歴代の映画興行収入ランキングを紹介しよう。

1位:アバター
2位:アベンジャーズ/エンドゲーム
3位:タイタニック
4位:スター・ウォーズ/フォースの覚醒
5位:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
6位:ジュラシック・ワールド
7位:ライオン・キング
8位:アベンジャーズ
9位:ワイルド・スピード SKY MISSION
10位:アナと雪の女王2

日本の映画興行収入ランキングと比べてどうだろうか? 世界の映画興行収入ランキングでは、純粋なアニメ作品が1つも存在しない。CGアニメ作品はあるのだが、日本に比べてあまりにも少ないことがわかるだろう。

やはり、アニメ好きが多い日本は世界と比較して異常なのだろうか? 次項で日本と海外におけるアニメ好きの多さを比べていく。

■アニメ好きは外国人にも多い

ここまで、映画興行収入ランキングを日本と世界で比べてみて、アニメ好きの日本人が多いことはわかった。

そもそも日本はアニメ大国と言われており、国民の多くがアニメ好きであることは周知の事実である。日本人が好むアニメ作品と言えば、「ワンピース」や「ドラゴンボール」といった少年向けアニメ作品から、「エヴァンゲリオン」や「ガンダム」などの大人向けアニメ作品までさまざまだ。

多くの日本人がアニメ作品を好んでいるこの現象は、世界から「異常」だと思われがちだが実はそうではない。

日本人と同じように、むしろそれ以上にアニメ作品を愛している外国人は一定数存在する。中にはアニメ作品のコスプレをする方や、イベントのためにわざわざ日本に訪れる外国人さえいる。

また、アニメ好きの外国人は一般人だけでなく、有名なハリウッドセレブにもたくさんいる。例えば、キアヌ・リーヴスやザック・エフロン、サミュエル・L・ジャクソンなど多数あげられる。

このように、アニメが好きな「オタク」と呼ばれる人たちは、日本だけでなく海外にもたくさんいることがわかる。

つまり、日本の映画興行収入ランキングでアニメ作品が複数ランクインし、日本人の多くがアニメ好きであるこの現象は、世界的に見てもそれほどおかしくないと言えるだろう。

むしろ、日本は数多くの名作アニメを生み出しており、その素晴らしい作品は多くの外国人から絶賛されている。そのことから、アニメ好きに関しては世界に誇っても良いほど素晴らしい文化だと言える。

■まとめ

歴代の映画興行収入ランキングを日本と世界でそれぞれ比較したが、あからさまに日本のランキングではアニメ作品が多かった。

そのランキングの比較からも、アニメ好きの日本人が多いことがわかる。しかし、外国人にもアニメ好きの人は一定数存在するため、アニメが好きであることは世界的に見ても何ら問題ないとわかった。

そして、日本のアニメ作品は多くの外国人から評価されていることからも、日本人はアニメ作品の尊さを再認識する必要があるのかもしれない。