97643大きな外窓と内窓が生み出す 開放感抜群の小さな部屋|小さな秘密基地

大きな外窓と内窓が生み出す 開放感抜群の小さな部屋|小さな秘密基地

男の隠れ家編集部
編集部

■思考とくつろぎの 絶妙のサイクルを生み出す

●埼玉県/鈴木邸

(※その他の写真は【関連画像】を参照)

白い壁と窓に囲まれた書斎はとても明るい印象をもつ。

2階へ上がる階段の脇に造られた三畳ほどのミニ書斎には、左手にソファが置かれ、右手の壁には大きなホワイトボードが設置されている。

机の上のパソコンの向こう、正面の大きな窓からは眼下に穏やかな住宅街の風景と川の流れを望むことができる。

二方向に大きな窓が取られているデスク周り。街を俯瞰できる見事な眺望も気分を変えてくれる大切な要素。
妻・恵さんの部屋側から森人さんの仕事部屋を望む。
仕事部屋は階段の脇にある。

ウェブサービスのプロダクトマネジャーを務める鈴木森人さん。デスクワーク中心のため、この書斎はとても使い勝手が良いと語る。

「頭の中を整理するのに都合が良いですね。考えがまとまらなければホワイトボードに懸案の項目を書き出し、ソファに座って眺める。すると解決策が浮かんだり構想が膨らんだりするのです」

ホワイトボードに問題となっている項目を書き出して頭の中を整理する。

それは広告代理店に勤め在宅勤務をする妻・恵さんからの相談事を受けたときにも活躍する。問題が複雑になると2人で仕事部屋へ移動し、ホワイトボードに書き込み眺めることで整理できる。

ソファに寝床を置いたので、飼い猫の悪戯が少なくなったとほっとする森人さん。
仕事部屋の床は、メンテナンスと耐久性、デザイン性に優れた硬質塩ビタイルを使用。

2階の仕事部屋が生活の中心となっている鈴木さんが望んだのは、プライベートと仕事の空間を分けながらも、開放的な空間であること。そのために階段側の内窓も大きく取った。

このこだわりが、思考とくつろぎの絶妙なサイクルを生み出している。

2階の一方には恵さんの部屋があり、2匹の猫のいろいろな遊び道具が設置されている。

●秘密基地造りの3箇条

1,高台の立地を生かした眺望。

2,壁面にホワイトボードを設置。

3,窓を広く取って開放感を出す。

●Owner’s voice

満足感が高く、このまま長く使い続けたい場所です。真似て同じような仕事部屋を造った友人がいます。

【取材協力】
近藤建設
埼玉県ふじみ野市上福岡1-14-17
049-261-1855
https://www.kondo-gr.co.jp/

文/相庭泰志 撮影/米屋こうじ

▼あわせて読みたい

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る