ワイルドでタフな鉄板がスタートアップ!

「焼鉄 YAKIGANE」をこの世に送り出した新ブランド「Number55」は、岐阜県大垣市にある株式会社和晃精工と株式会社ルンゴの2社が共同で立ち上げたブランドで、それぞれの会社を運営する2人が昭和55年生まれということで、このブランド名が付けられた。

さて、そんなスタートアップ・ブランドが自信を持って世に送り出した第1弾商品「焼鉄 YAKIGANE」について、さっそく紹介していこう。

「焼鉄 YAKIGANE」は3つの鉄板の総称で、それぞれに特徴がある。上の写真の通り、ちょっとモダンでシンプルなお皿にも見えるけど、使用するシーンや食材に合わせて使い分けできるのがポイントなのだ。

①壱ノ垣(フラットな鉄板)

一番目にするタイプのスタンダードな鉄板で、家庭のガスコンロやIHコンロ、カセットコンロなども使える。もちろん炭火や焚火でも問題なく使用でき、幅広いシーンで活躍する。1枚あると自宅焼肉などでも楽しめる。
【おすすめ料理】焼肉、牛やラム肉のステーキなど

②弐ノ垣(スリット型の鉄板)

焼肉屋で使われるようなスリット(切れ目)の入った鉄板。主に炭火や焚火、七輪などでの調理に最適で、アウトドアでワイルドに料理が楽しめる。ソーセージやホルモンなど脂の多い食材なら、脂がスリットから落ちていくのでヘルシー。
【おすすめ料理】BBQ、炭火焼き、ソーセージなど

③ 参ノ垣(エンボス型の鉄板)

フラットな鉄板に凸凹が施されている。この凸凹によって食材と鉄板の接地面が減り、焦げ付きを防ぐ役割がある。身が柔らかく崩れやすい魚料理や、脂分の少ないチキンステーキなどにちょうどいい。
【おすすめ料理】焼き魚、チキンステーキなど

個性豊かな鉄板3種を重ねて使う喜びもアリ!

3枚の個性豊かな鉄板は重ねて使うこともできる。そのメリットは鉄板が厚くなることで火の強さを調整できるということ。3.2mmの鉄板を1枚で使用すると火の通りが早く、薄い肉(焼肉とか)をパリっと香ばしく焼きあげることができる。

2枚(6.4mm)、3枚(9.6mm)と重なれば鉄板は温まりにくくなるものの、反対に冷めにくいという特徴を持つ。つまり均一に安定して熱を通すことができるのだ。分厚いステーキもじっくり中まで火を通すことができる。もちろん、焼き上がりはジューシー。

例えば③のエンボス鉄板の上に、②のスリット鉄板を重ねて使用すると、スリットから余分な脂を落とし、エンボスの凸凹の高低差によってできた空間に不要な脂をためておける。

3枚とも共通してフチに角度が付いているので①のフラット鉄板と③のエンボス鉄板の2枚を、蓋をするように反対向きで重ね合わせればオーブンのようにも使うことができる。ハンバーグや餃子などの調理もできるだろう。

ちなみに鉄板はそれぞれ1.5mの高さから落下してもかすり傷程度。ハンマーで叩いても割れないタフな作りになっている。アウトドアや自宅で普通に使用する分には申し分のない強度だと言える。

専用の取手もなかなかの優れもの。まず、見た目がいい。シンプルでおしゃれ。そして嬉しいのが「栓抜き」が付いていること。鉄板で肉を焼きながら、瓶ビールをぐいぐい飲みたくなる。

そして、この鉄板。3枚セットがマストなわけではないのも良いところ。それぞれ1枚ずつか3枚セットでラインナップされているので、予算や用途に合わせて応援できるのだ。

Makuake『Number55の鉄板「焼鉄」』のリターン

【10%OFF】フラットな鉄板+取手 5,130円(定価5,700円)
【10%OFF】スリットの入った鉄板+取手 5,130円(定価5,700円)
【10%OFF】エンボス加工の鉄板+取手 5,130円(定価5,700円)
【17%OFF】鉄板3枚セット+取手 10,000円(定価12,000円)
【makuake限定】先着30名様 「鉄板作り体験」鉄板3枚セット+取手 30,000円

10月1日17時現在、クラウドファンディングのスタート3日目にして、目標金額を272%で達成しているのもすごい!残り45日、応援購入するなら早めの決断を!

いろいろな使用方法は公式から提案されているので、興味があればぜひYouTubeのチェックを。

【商品概要】
・製品名:「焼鉄 YAKIGANE」
・発売日:9月28日(月)クラウドファンディング開始
・価 格:10,000 円 ( 税込 ) 鉄板 3 枚と取手のフルセット
・材 質:黒皮鉄板
・サイズ:鉄板 200mm 200mm・取手 211mm
・重 量:鉄板 1kg(1枚)・取手 110g
・厚 さ:鉄板 3.2mm

【Makuake】男のためのタフで頑丈なキャンプ用鉄板「焼鉄 YAKIGANE」Number55
【公式サイト】Number55
【YouTube】岐阜県大垣発のキャンプギアブランドNumber55鉄板開発ストーリー

▼こちらもおすすめ