入り口の看板は樽を利用したシンプルなデザイン。

六本木通り沿いの地下1階。カウンター席のほかに個室も3室あり、色々な使い方ができる。2003年にオーナーの篠崎喜好さんがオープン、現在は伊藤新店長をはじめ4人のバーテンダーが在籍している。

店内は地下セーラーをイメージした貯蔵庫のような雰囲気だ。

ウイスキーは約1,500種。スコッチのシングルモルトが中心で、そのほかにも五大ウイスキー産地のアイリッシュ、日本、アメリカなど幅広い品揃えだ。飲み方もストレート以外にロック、ソーダ割り、水割りもOK。伊藤店長は「ウイスキーは一本一本味が違う。ボトラーズなどバリエーションが豊富で飲みきれないくらい。ずっと追いかけていきたいと思わせてくれるお酒です」

バックバーに入りきらないウイスキーなどのボトルは、個室の壁際にも保管している。

ワインやビールもあり、料理もつまみだけでなく、パスタ、サンドイッチなど。とりわけ二色カレーはオープン当初からの名物である。

【Recommended whisky】シークレット・ハイランド・ウイスキー

32年熟成のプライベートボトル。長期熟成らしく味わいに丸みと厚みがあるのが人気。1杯6,000円、ハーフも可。

文◎阿部文枝 

CASK strength (カスク ストレングス)

※店の営業時間が変更になることがありますので、来店時には店舗にご確認ください。