現在も約1,000本あるうちの約5割がスコッチだ。最近では若い世代にスコッチが浸透してきたこともあり、約10年前からはアイリッシュに注目している。品揃えもシフト。アイルランドは蒸溜所がかつて数カ所だったのが、最近になって増加、現在では40カ所近くある。

ボトルの数に圧倒される。

「アイリッシュはスコッチと比べてスモーキーでなく、甘さがあり、とろりとして穏やかな味わい。蒸溜所が増えたので色々なウイスキーが生まれる。これからの10年どう熟成するかを見守っていきたい」

L字型のカウンターを中心に、ボトルがズラリ。

後藤さんの現在のマイブームはレッドブレストで20数本集めている。「今まで知られなかったアイリッシュを皆さんに飲んでもらいたい」

【Recommended whisky】ブッシュミルズ

アイルランドのブッシュミルズ蒸溜所限定。アカシアウッドの樽で最後に熟成させた。香りも味もウッディ。1杯2,000円。

文◎阿部文枝 

Bar Main Malt (バー メイン モルト)

ドアは昔のウイスキーの木箱の蓋を張り付けたもの。

※店の営業時間が変更になることがありますので、来店時には店舗にご確認ください。