カウンターチェアに座って窓の外を眺めれば、バーで呑んでいるようにも感じられる。

このひとり家呑みエリアのいいところは目の前にキッチンがあるので酒肴を作りやすいこと。そして本棚も近くに設置したので酒を呑みながら好きな本などを手に取ることができることだという。

比較的高めに造ったカウンターが決め手。

カウンターチェアに腰掛けるとベランダ越しに外が見えるので、まるで店で呑んでいるように感じられる。

簡単にビールとハンバーガーでも、このカウンターで頬張るとアメリカのダイナーのようだ。

今は仕事とプライベートの切り替えに大切な空間になっている。さらにこの空間を充実させるなら、間接照明を増やし、より呑み屋やバー風にしたいと話す。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.カウンターの色味は妥協しない。
2.キッチン近くで酒肴が作れる。
3.好きなモノを近くに置く。

カウンター上には酒のボトルが収められている。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
この空間で、音楽を聴きながら、そして本を手にし、お酒を呑む時間は至福のひと言に尽きます。

こちらもおすすめ▶開放感のある屋上空間で極上のワインを愉しむ〈東京都 市村邸〉