明治の開拓時代、ハレの日のご馳走として、鶏を内蔵までいただいた。その伝統が今も生きるのが美唄やきとり最大の特徴。モツ串は一串にモモ肉、内臓(きんかん、肝臓、ハツ、砂肝など)、皮を刺し、玉葱を挟み秘伝の味付けをウイスキーで味わう。

あわせて読みたい
ウイスキーのおすすめ銘柄12選|種類や効果・効能、飲み方を紹介
男の嗜み。ウイスキーの効果・効能を知る|気になる糖質、プリン体、カロリーは?