ウイスキーとは? 原料や製法、種類を知る

そもそもウイスキーとは、蒸留酒の一つ。穀類を原料とし、糖化や発酵の後に蒸留を行い、木製の樽で貯蔵熟成させてできる。

最も特徴的なのが、「木製の樽で貯蔵熟成」させること。ウイスキーならではのまろやかな香りや深い濃く、そして深い琥珀色は、樽の中で長い年月をかけて熟成するがゆえに生まれる。

ウイスキーの種類。原料や製法の違いが味わいの個性に

ウイスキーは、主に2種類にわけられる。

  • モルトウイスキー:大麦麦芽を原料とする。香り豊かで個性的な味わい。
  • グレーンウイスキー:トウモロコシなどの穀物を原料とする。軽やかな風味ですっきりとした味わい。

なお、これら2つをブレンドしたものが「ブレンデッドウイスキー」だ。複数のウイスキーをブレンドすることで、香味に複雑さと奥深さが生まれる。

世界5大ウイスキー|産地による特徴

技術や品質、生産量など、世界でも特にウイスキー造りに適した土地で生まれたウイスキーを、「世界5大ウイスキー」という。

世界5大ウイスキーとは、スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本で造られたウイスキーのことを指す。

スコッチウイスキー(スコットランド)

ウイスキーの代名詞ともいえる。スモーキーな味わいが特徴的。「ジョニーウォーカー」や「バランタイン」などが有名だ。

アイリッシュウイスキー(アイルランド)

一説に世界一古いウイスキーだとされている。香り豊かで味わいはすっきりとしている。「ジェムソン」や「ブッシュミルズ」が代表格だ。

アメリカンウイスキー(アメリカ)

トウモロコシを使ったバーボンウイスキーが有名。厳しい冬の寒さから生まれる独特の甘みが特徴。主な銘柄は、「ジムビーム」や「ジャックダニエル」だ。

カナディアンウイスキー(カナダ)

トウモロコシを使ったベースに、ライ麦などを使用したフレーバリーを合わせるのが特徴。ライトでマイルドかつクセがないので、カクテルにも向く。「カナディアンクラブ」「クラウンローヤル」がある。

ジャパニーズウイスキー

スコッチウイスキーを元に造られ、日本人に合う繊細かつ複雑な味わいが特徴。「山崎」「白州」「角」「トリス」などがある。

男の雑学。世界5大ウイスキーの特徴を知る〜ウイスキーの種類とその違い〜

ウイスキーのおすすめ銘柄13選|ジャパニーズウイスキー

昨今、国際的な酒類コンテストでジャパニーズウイスキーが数々の受賞を果たし、注目を集めている。そこで今回は、日本各地で造られるジャパニーズウイスキーから、男の隠れ家編集部厳選の13銘柄を紹介する。

厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 1

柑橘系の甘い香りと独特のコクがある。

シングルモルト余市

“日本のウイスキーの父”と呼ばれる竹鶴政孝が創業したニッカウヰスキー。職人の熟練の技を必要とする「石炭直火蒸溜」を採用し、重厚なコクと香ばしさがある。

シングルモルト宮城峡

ニッカウヰスキーの第2の蒸溜所で造られる「シングルモルト宮城峡」。余市とは異なり、華やかでフルーティーな香り、ふくよかな甘さを感じる。

ブレンデッド山桜

厳選したウイスキー原酒にグレーンをブレンドし、マイルドな口当たり。

イチローズモルト・ダブルディスティラリーズ

甘い香りと爽やかな口当たりが特徴だ。

白州

フレッシュな香りと爽やかなキレで、世界でも人気が高い。

プレミアムボトルセレクション

静岡蒸溜所で造られたスピリッツやウイスキーを、毎年春に6種類のボトルで6年にわたって届ける。さまざまな味を楽しみたいときに。

知多

軽やかな味わいとほのかに甘い香りが特徴のシングルグレーンウイスキー。軽やかな味わいが和食にも合う。

サンシャインウイスキープレミアム

モルトウイスキーを使ったブレンデッドウイスキー。スモーキーかつマイルドな飲み口。

長濱ニューメイク59°

長濱蒸溜所史上、最もヘビーなモルトを使用。ほのかな甘みに、ピートの香ばしい香りが加わる。

山崎

シングルモルトウイスキー。フルーティで滑らかな味わい。

ホワイトオークシングルモルトあかし

バーボンとシェリーの2種の樽で貯蔵した原酒を含み合わせる。スウィートでウッディさを感じられる。

吟醸ウイスキー岡山

岡山県産の二条大麦麦芽を使用。シェリーやブランデーを思わせる上品な香りと混じりけのない爽やかで純粋な味わい。

なお、世界のシングルモルトウイスキーのおすすめ銘柄は以下の記事で紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてほしい。

シングルモルトウイスキーとは?種類の違いと魅力、人気銘柄40選

ウイスキーの美味しい飲み方

ウイスキーは、飲み方によってさまざまな味わいを楽しめる。ここでは、ウイスキーの香りや味を堪能できる代表的な飲み方を紹介しよう。

ストレート

ウイスキーの芳醇な香味をじっくりと楽しめる。チェイサーとウイスキーを交互に楽しむと口の中をリフレッシュでき、より深くウイスキーの味を堪能できる。

ハイボール(ソーダ割り)

キリリと冷やすことで、ウイスキー本来の味わい・コクが際立つ。食事にも合わせやすい。

トワイスアップ(水割り)

常温のウイスキーと水がウイスキーの個性を引き出し、香りを知るのに最適な飲み方。

オン・ザ・ロックス

氷によってまろやかになった口当たりになる。氷が溶けていくとともに、味の変化をじっくりと楽しめる。

ウイスキーはほかにも飲み方がある。ぜひこちらの記事も参考にしてほしい。

意外と相性がよい食事とのペアリング

食後種のイメージのあるウイスキーだが、実は料理全般と相性が良い。

例えば、刺身や焼き魚との組み合わせはウイスキーが脂を流すため好相性。ポイントは香りや味わいが似たもの同士を組み合わせること。

香りに含まれるスパイスや柑橘、ナッツなどのニュアンスはマッチングしやすい。製法や産地にも注目してみよう。