木立に囲まれた静かな宿で
心穏やかなひと時を過ごす

豊かな自然があふれる那須高原の温泉郷に、昭和初期に創業したという趣き深い宿「山水閣」。レトロな建物からは木の温もりが感じられ、館内に差し込む優しい自然光が趣きある雰囲気を演出している。

同館の1階には、淹れたてのコーヒーがゆっくりと味わえるラウンジ「一服茶癒」、それに那須地域の特産品をはじめとする商品を取り揃える売店がある。旅の思い出の土産はここで一通り揃うだろう。

館内に用意され、大浴場は24時になると男女入れ替えを行っている。程よい照明が室内を照らし、辺りにはヒノキの香りが漂っている。

ほかにも異なる趣きが愉しめる貸切風呂がある。岩を配した庭園を眺めながら湯を愉しめる「五葉」や、ヒノキの香りが心地よく籠もり感のある「洞」など、新那須温泉をひとり占めできる空間が広がっている。

夕食では地元の食材をメインにした冬の山里料理が個室で味わえる。那須の大地に育まれた食材は、素材の味が引き出され、奥深い味わいだ。

昭和の香り漂う宿で懐かしさを感じさせる空間を味わいつつ、自分だけの時間を愉しみたい。