戦国時代に開湯した
歴史ある湯を堪能

秩父と長瀞の中間に位置する和モダンな宿。秩父鉄道「和銅黒谷駅」から送迎があるので、到着したら連絡をしよう。

薬師の湯と呼ばれる和銅鉱泉は、武田信玄が和銅金山を開いた当時に開業したとされる。わずかに硫黄臭がする無色の湯は肌に優しく、疲労回復にも効果的だ。香り高い檜風呂と、秩父蛇紋石を使用した岩風呂の2つを堪能することができる。

器にもこだわる懐石料理をはじめ、地元の食材を使った創作料理も好評。夕食だけでなく朝食も部屋で取れるのが嬉しい。