明石唯一の料亭旅館で味わう鮮度の高い地元の食材

 明石で水揚げされた海の幸を扱う魚の棚商店街や、明石海峡大橋の全景と淡路島を望む大蔵海岸などがそばにある「人丸花壇」。明石唯一の料亭旅館で創業は昭和26年(1951)。館内は純和風の静かな空間が広がっている。

この地域の地下には、花崗岩の岩盤が形成されている。そこをくり抜いて湧出した明石温泉の湯は、鉄分や塩分、カルシウムなどを多く含んでおり、湯治客も多く訪れるという。また2種の露天風呂が用意されており、総ヒノキ造りの大浴場と、御影石や大理石を用いた庭園風呂が愉しめる。注文すれば、温泉に浸かりながら日本酒を味わえるので、寒い季節は燗酒で体を温めたい。

温泉で温もった後、夕食は部屋で味わえるのも良い。供される料理は、タイやタコ、アナゴといった明石の海産物を熟練の職人が手がける会席。水揚げされたばかりの新鮮な素材は、身が引き締まって歯応えが良く、噛むほどに旨みがにじみ出てくる。明石の恵みが口に広がるようだ。

明石の魅力がとことん味わえる宿で、海の恵みを堪能する旅をゆっくりと愉しみたい。